印刷版   

米インフレ、最悪は過ぎ去った=セントルイス連銀総裁

 米セントルイス地区連銀のプール総裁は29日、米インフレはピークを超したようだとの見方を示した。ただ、この見通しは確実なものではないととも述べた。

 同総裁は当地での講演後、記者団に対し「インフレに関する最も悪いニュースは過ぎ去ったようだ。ただ、サプライズの可能性はいつでもある」と語った。

 総裁は「直近の数字は予想通りとなっており、これは横ばい、もしくはインフレ上昇傾向は終了したことを示唆しているようで、多少明るいニュースが入ってきているかもしれない」と述べた。

 講演では、米経済が安定した軌道上にある様子で、連邦準備理事会(FRB)の政策調整が控えめになる可能性が高いとの見方を示した。

 プール総裁は「FRBが積極的措置が必要と考えるような、何らかの広範囲にわたる衝撃がない限り、今後の政策調整は比較的控えめになる可能性が高い」と指摘。

 その上で「経済は非常に安定した軌道上にあるようだ」とし、FRBが短期金利政策を着実にコントロールしているとも述べた。

 [ロイター29日=マーフリーズボロ(米テネシー州)]

 (06/09/30 15:47)  





■関連文章
  • FRB議長証言で金融市場落ち着く、波乱の芽は消えず(06/07/20)
  • FRB、5.25%で利上げ打ち止めも=米有力シンクタンク(06/06/19)
  • より柔軟な人民元相場により、中国と世界の経済はより良好に=FRB議長(06/06/13)
  • グリーンスパン:原油高「世界経済の足かせに」(05/10/21)