印刷版   

米上院財政委員会、3月中旬から下旬に中国問題で公聴会開催へ

 米上院財政委員会は25日、中国の為替制度や米中間の貿易問題などについて3月中旬から下旬にかけ1回か複数回、公聴会を開催すると発表した。

 同委員会のスポークスマンは「詳しい日程は未定だが、3月中旬から下旬をメドにしている」と述べた。

 米議員の多くからは、人民元の対ドル相場が最大40%過小評価されており、これが国際貿易で中国企業を不当に有利にしているとの批判が出ている。

 シューマー(ニューヨーク州、民主党)とグラム(サウスカロライナ州、共和党)両上院議員は昨年、中国が為替制度を改善しなければ、輸入品に27.5%の関税を課すとする対中制裁法案を提出したが、中国側の反発を恐れる米経済界の強い反対にあい、同法案の採決を断念し、同委員会と協力して新たな立法化を目指すことで合意している。

[ワシントン 25日 ロイター]

 (07/01/26 08:18)  





■関連文章
  • 11月末の中国の外貨準備、1.0387兆ドル=人民銀行(07/01/15)
  • 米下院議員ら、対中制裁関税法案を再提出(07/01/10)
  • 米中戦略経済問題の本質(07/01/06)
  • 中国は世界の工場か、「ごみ箱」か?(06/12/28)
  • 中国、米国との通商関係を依然懸念=人民日報(06/12/21)
  • 米中貿易不均衡問題、解決には時間=NEC委員長(06/12/20)
  • 中国は対米貿易黒字の是正を=ブッシュ元米大統領(06/12/15)
  • 人民元の上昇だけでは不均衡是正に不十分=米財務省当局者(06/12/11)
  • 米中貿易摩擦、来年激化する可能性=ラビン米商務次官(06/12/08)
  • 中印首脳、2国間貿易の拡大や国境問題の早期解決目指すことで合意(06/11/22)
  • カナダ・中国両首脳会談:ハーパー首相、「注目されている問題に言及した」(06/11/21)
  • 米中経済安全調査検討委員会、年度報告書発表、米政府に対中強硬姿勢求める(06/11/20)
  • 米中首脳会談、貿易や北朝鮮・イラン問題で協力求める(06/11/19)
  • カナダ対中人権外交、中国側が態度を急変、再び会談を要望(06/11/19)
  • 中国当局、カナダとの首脳会談を直前キャンセル、人権問題提起への報復か(06/11/17)