印刷版   

2月経常黒字は+4.9%、黒字幅は歴代2位=財務省

 財務省が11日に発表した2月国際収支(速報)によると、経常黒字は前年比4.9%増の2兆4175億円となった。2カ月連続の黒字幅拡大で、貿易・サービス収支、所得収支の黒字幅拡大が全体を押し上げた。黒字幅は2月単独では過去最高。比較可能な1985年1月以降で歴代2位の大幅黒字を記録した。

 ロイターが民間調査機関に行った事前調査では、経常黒字の予測中央値は前年比1.9%増の2兆3500億円。発表の数字は予測をわずかに上回った。

 貿易収支は1兆1189億円の黒字だった。輸出が自動車、鉄鋼、半導体電子部品の寄与で、前年比9.7%増の6兆4177億円。輸入は、原油価格が2004年3月以来35カ月ぶりに下落に転じたことから原粗油が同12.0%減と大幅減少したが、衣類・同付属品、非鉄金属、通信機などが増加。全体では同10.1%増の5兆4409億円となった。輸出・輸入ともに2月としては過去最高。

 サービス収支は701億円の赤字となり、3カ月連続で赤字幅が拡大した。

[東京 11日 ロイター]

 (07/04/11 10:41)  





■関連文章
  • 米政府が対中通商政策で方針転換、紙製品輸入に相殺関税適用へ(07/04/01)
  • タイ首相、4月2日に日タイ経済連携協定に署名へ(07/03/28)
  • アルカイダ重要メンバー、米同時テロの計画立案認める(07/03/16)
  • 中国の非関税貿易障壁、EUに年間200億ユーロの損失=調査(07/02/20)
  • ドル/人民元7・75元台突破、金融・労働市場への影響を懸念(07/02/16)
  • ドーハラウンド通じ、世界貿易自由化に積極的に取り組む=米大統領経済報告(07/02/13)
  • 何清漣:中国対外開放政策の重大な変化(3・最終回)(07/02/11)
  • 何清漣:中国対外開放政策の重大な変化(2)(07/02/10)
  • 何清漣:中国対外開放政策の重大な変化(1)(07/02/09)
  • 米上院財政委員会、3月中旬から下旬に中国問題で公聴会開催へ(07/01/26)
  • 11月末の中国の外貨準備、1.0387兆ドル=人民銀行(07/01/15)
  • 米下院議員ら、対中制裁関税法案を再提出(07/01/10)
  • 米中戦略経済問題の本質(07/01/06)
  • 中国は世界の工場か、「ごみ箱」か?(06/12/28)
  • 中国、米国との通商関係を依然懸念=人民日報(06/12/21)