印刷版   

8月4日、中国の沿岸部でことし前半、約80%の地域で下水管から規定値を超える汚染物質が海に流されていたことが明らかに。写真は1日、江西省で藻が大量発生した池を掃除する人(2007年 ロイター)(ロイター)

中国沿岸部、下水管から大量の汚染物質が海に

 中国の沿岸部ではことし前半、約80%の地域で下水管から規定値を超える汚染物質が海に流されていた。新華社が4日に伝えた。 

 それによると、排水口の大部分が「不適切に配置」されており、それら排水口の43%が観光地や養殖場所および自然保護地域に、33%が港湾や船積み地域にあった。

 経済成長の著しい中国は、米国を抜いて世界最大の地球温暖化ガス排出国になりつつある。これを受けて中国政府に対しては、工場や乗り物からの二酸化炭素排出量に上限を設定すべきとの声が国際社会で高まっている。

 また2008年に北京五輪の開催を控え、国内では水質汚染が政治的課題になっており、ここ数カ月は全国的に淡水湖で藻が大量発生して問題視されている。 中国国家海洋局の報告によると、同国沿岸部では下水管の77%で規定以上の汚染物質が排水されており、黄海沿岸地域では、下水管全体の82.8%から過度の汚染物質が流されているという。

[北京 4日 ロイター]

 (07/08/06 09:48)  





■関連文章
  • アラスカ北極圏、海岸浸食で動物の生息地に影響=米研究(07/07/04)
  • NY市長、市の建物にバイオ燃料利用を義務付け(07/06/12)
  • 米国、ドイツの温暖化ガス排出削減案拒否へ=声明草案(07/05/26)
  • 米国、サミット宣言案で地球温暖化の緊急性訴える部分の削除要求(07/05/22)
  • 南極氷原の解氷、30年来最大規模(07/05/20)
  • 中国のマオタイ酒、生産地の水質汚染で品質保持の危機(07/05/17)
  • 英国救済団体:今後40年間、世界で10億人が難民移動(07/05/17)
  • 中国:環境汚染で3千社が強制閉鎖、進まぬ改善策(07/05/10)
  • 北極の氷冠、従来予想より30年早く溶ける可能性=米専門家(07/05/02)
  • 気候変動に関する国際会議、中国の要求で難航も(07/05/01)
  • ゴア前米副大統領の温暖化防止ライブ、会場決まらず(07/04/01)
  • 中国四川省:継続する旱魃、農作面積被害甚大(07/03/13)
  • 温暖化が最も速い中国、「災難には国境がない」(07/02/26)
  • 北京:真冬に最高気温16℃、167年ぶりの暖冬(07/02/09)
  • 中国:「生活現代化水準」、世界ランキングで100位(07/02/01)