印刷版   

那覇空港の中華航空機炎上、乗客全員脱出・乗員の生存も確認

 20日午前10時半過ぎ、中華航空機が那覇空港に着陸後、炎上した。炎上したのは台北発那覇空港行きの中華航空120便(ボーイング737型機)で、国土交通省によると、幼児を含めて157人の乗客が乗っていたが、乗客全員の脱出が確認された。乗員8人の生存も確認されたという。

 国土交通省によると、同機は午前10時27分に那覇空港に着陸し、午前10時34分に駐機スポットに入ったが、その直後に、左側のエンジンが爆発した。

 中華航空120便は、きょう午前8時15分に台北を出て、午前10時45分に那覇空港に到着する予定だった。乗客のうち18人は日本人だった

[東京 20日 ロイター]

 (07/08/20 14:34)  





■関連文章
  • 中国一の超高層ビル、建築現場で火災発生=中国上海(07/08/15)
  • 骨つぼを爆発物と間違え避難騒ぎ、マイアミの空港(07/07/17)
  • 米大統領、35年ぶりに駐リビア大使を指名(07/07/12)
  • 英警察、グラスゴー空港車両突入事件実行犯の遺書発見=CNN(07/07/05)
  • 英空港車両突入事件などで逮捕者8人に(07/07/03)
  • 米政府が空港の警備強化、テロ警戒レベルは変更せず(07/07/01)
  • 英国の空港に車が突入炎上、テロ警戒レベル最高に(07/07/01)
  • 中国北京空港周辺で、ハトの飼育禁止(07/06/28)
  • カンボジアで航空機墜落、乗客乗員の生存情報は未確認(07/06/26)
  • 民主活動家・魏京生氏、成田空港で入国拒否される(07/06/03)
  • ノルウェーのオスロ空港、税関が機械化(07/04/04)
  • 仏パリ空港:謎の中国人、高級洋酒3本360万円で購入(07/03/26)
  • 韓国の仁川国際空港、世界最優秀空港に=国際空港評議会(07/03/13)
  • 中国華北地域:濃霧で交通麻痺(07/02/22)
  • 台北市の資料館に“107人斬り”の日本軍刀(07/02/17)