印刷版   


英メディア、故ダイアナ元妃追悼式典を欠席のカミラ夫人に理解

 英国のチャールズ皇太子(58)のカミラ夫人(60)が、今月31日に予定されている10年前に事故死したダイアナ元妃をしのぶ追悼式典を欠席すると発表したのを受け、現地メディアは27日、落胆を表明しつつも夫人の尊厳に理解を示す報道を行った。

 王室伝記作家のペニー・ジュノー氏は、ロイターの取材に対し「(カミラ夫人)は今では国民からの愛着に自信があると思う」と指摘。「ダイアナ元妃が亡くなった直後は、国民はカミラ夫人のことを夫婦関係を壊したひどい人と思い込んでいた」が、10年という年月が経つ中で同夫人の人柄を知り、人々は「いい人、控えめで奥ゆかしい女性」というふうに見方を変えたと語った。

 一部のコメンテーターは地元紙で、カミラ夫人をダイアナ元妃の追悼式典に招待したのは、夫人を再び好ましくない存在として際立たせようとする意図があったと述べた。

[ロンドン 27日 ロイター]

 (07/08/28 16:07)  





■関連文章
  • 中国国内メディア取り締まり、当局の動揺の現れか=専門家(07/08/28)
  • 英国、温暖化対策目標達成できない見通し=シンクタンク(07/08/24)
  • 故ダイアナ元妃、没後も英王室に影響及ぼす(07/08/24)
  • 英国玩具店、規準を大幅に超える鉛量含有で中国製児童用アクセサリー回収(07/08/21)
  • 米ジャズドラマー、マックス・ローチが死去(07/08/18)
  • 英国=口蹄疫感染区以外も、擬似症例発見(07/08/16)
  • 独大衆紙、英国の故ダイアナ元妃の似顔絵コンテストを開催(07/08/12)
  • 意味不明の訳語が氾濫、中国当局が翻訳者募集(07/08/09)
  • 陳水扁総統:台湾のAPEC参加阻止、中国を非難(07/08/09)
  • ウィキペディア:北京当局へ、封鎖解除を呼びかける(07/08/06)
  • 英口蹄疫:感染農場付近研究施設、ウイルス株流出の疑い(07/08/06)
  • 米国民の多くは有名人ゴシップ報道にうんざり=調査(07/08/04)
  • 世界のベストドレッサー、中田英寿氏らがリスト入り(07/08/02)
  • 英首相、ブッシュ大統領にダルフール紛争解決の支持要請へ(07/07/30)
  • 北京五輪会場周辺住民、12日間連続座り込み抗議(07/07/28)