印刷版   


新種のヘビなど動植物11種、ベトナムで発見=WWF

 世界自然保護基金(WWF)は26日、ベトナムでヘビを含む新種の動植物11種類を発見したと発表した。

 ほかに発見されたのはチョウ2種類に加え、葉のないもの3種を含むラン5種、植物3種。新種のヘビは小川の流域に生息し、カエルなどの小動物を捕食。体長80センチメートルまで成長するという。

 また、葉のないランは葉緑素を持たず、ほかの菌類と同様に腐りかけの物質に寄生している。

 WWFは、同地区に生息する絶滅危惧(きぐ)種が違法な木材の伐採や狩り、開発などによる脅威にさらされているとの懸念を表明した。

[ロンドン 26日 ロイター]

 (07/09/27 09:06)  





■関連文章
  • 山東省炭鉱事故:自然災害とする当局に非難高まる(07/08/25)
  • 中国人民解放軍建軍80周年、天安門広場に戒厳、直訴強制連行(07/08/03)
  • 中国産生花、害虫検出で3万本処分=ロシア(07/07/28)
  • 中国国内市場流通商品、2割が不合格品=中国関係当局(07/07/07)
  • 地球温暖化、冬眠しないヒグマ=中国青蔵高原(07/07/06)
  • ブッシュ大統領、ベトナム国家主席に人権改善を促す(07/06/25)
  • 中国四川省:聖なる山乱開発、チベット人と工事業者流血衝突(07/06/19)
  • ベトナム、鳥インフルエンザ感染で05年以来の死者(07/06/17)
  • オムツなし育児法(07/06/16)
  • ベトナム:鳥インフルエンザ感染地域、15省に拡大(07/06/05)
  • 中国の動物園、カエルやヘビの地震予知能力を調査(07/05/22)
  • 5年以内に決定下せば、気候変動の制御は可能=WWF(07/05/18)
  • 南アフリカの郵便局、小包からコブラなど毒ヘビ(07/05/16)
  • ベトナム航空機が緊急着陸、乗客の胃から麻薬入りの袋で(07/05/08)
  • 長江水源が枯渇状態(07/05/03)