超高画質で再現、「最後の晩餐」をウェブで鑑賞

2007年11月07日 01時00分
 【大紀元日本11月7日】イタリア・ルネッサンスの巨匠、レオナルド・ダ・ビンチの名画「最後の晩餐」が160億画素の超高画質に変身し、ウェブサイトに現れた。

 「最後の晩餐」はイタリア・ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会、ドメニコ会修道院の食堂に描かれた壁画。

この有名な壁画は、www.haltadefinizione.com で鑑賞することができる。

 超高画質で再現された絵は臨場感が感じられ、テーブルの上に置かれているコップの透明感や、顔料の退色程度、ひいては、ダ・ビンチが顔料をつける前にスケッチした跡など、細部まで観察することができる。

(翻訳/編集・豊山)

関連キーワード
^