印刷版   

新彊ウイグル自治区でM6.8の地震発生

 【大紀元日本10月6日】中国現地時間10月5日午後11時52分、新彊ウイグル自治区キルジス・キルギス自治州ウルグチャト県(北緯39・5度、東経73・9度)でM6・8の地震が発生した。震源の深さは33km。中国国家地震台ネットが測定した。

 震央はウルグチャト県から約110km、カシュガル市から約180kmの地点で発生。6日午前3時までに、さらにM3・0からM5・7レベルの余震が4度発生している。現在、死傷者の報告はない。

 同自治州地震局責任者によると、地震発生区域は南天山と崑崙山が交差する地質構造帯上で、地震多発地帯に属し、人がほとんどいない土地だという。

 同県吉根郷斯姆哈納村は50戸200人前後が生活しており、村からの移動通信信号は依然として発せられている。村民によると、地震発生時には強烈な揺れを感じ、家屋には亀裂が入り、ガラスが割れたそうだ。しかし村民は全員無事で、一人のけが人も出ていないという。公共照明施設の不足により、正確な家屋の損壊状況はすぐには確認できない状況だったらしい。

 データによると、1889年以来、この地区では100年以上の間にM7.0以上の大地震が7度以上発生している。その間隔は最短で6年、最長で42年だという。

 
(翻訳・坂本)


 (08/10/06 16:47)  





■関連文章
  • スカイプ中国合弁企業、チャット監視・記録(08/10/05)
  • 新疆警察隊襲撃事件、実際は警察の内部抗争か(08/10/02)
  • 四川大地震被災地、集中暴風雨で被害甚大(08/09/28)
  • 中国四川省震災地:数十年以来の暴風雨、死者9人負傷者340人(08/09/26)
  • アジア地域で強い地震が連続発生(08/09/13)
  • 甘粛省と陝西省境でM5・5の地震発生(08/09/13)
  • 中国当局批判のウイグル女性、逮捕される(08/09/13)
  • 続く異常現象、津波発生恐れ住民6割が移転=中国海南省(08/09/12)
  • 四川大地震初、2人の孤児が養子に(08/09/09)
  • 中国当局、断食月妨害でウイグル族同化政策強化(08/09/09)
  • 大地震再来の可能性について、中国当局が記者会見(08/09/08)
  • 四川大地震から100日、未だにテント生活続く被災者(08/09/06)
  • 四川省:余震400回以上、電力・救援物資不足(08/09/03)
  • 中国四川・雲南省でM6・1の地震、死者33人、負傷者506人(08/09/02)
  • パプアニューギニアでM6・3の強震発生(08/08/31)