印刷版   

クレジットカード未返済激増、不良債権リスク上昇=中国中央銀行

 【大紀元日本9月27日】中国ではクレジットカード債務の嵐が吹き荒れる能性がある。中国人民銀行(中央銀行)16日に発表した統計によると、6月末時点で、期限後半年以上未返済となっている与信の総額は、前月比で16.2%増加し、57・73億元となったが、この数字は対前年比で131.3%の増加となっており、不良債権のリスクが高まっていることを示している。

 香港文匯報の報道によると、今年第2四半期末における、大陸の銀行が発行したクレジットカードの累計枚数は19・8億枚で、第1四半期に比べて4・8%の増加となった。第2四半期におけるカードによる消費取引は8・2億件、金額は1・56兆元となり、それぞれ、第1四半期比で35%、63・6%の伸びとなった。

 しかし、クレジットカードの期末与信総額と、期末要返済額(貸越残高)は大幅に増加している。注意すべきなのは、期限後半年以上の未返済額が増え続け、上記の貸越残高に占める割合が微増していることである。人民銀行の見解によると、不良債権リスクは依然として存在しているという。

 報道によると、6月末時点で、クレジットカードの期末与信総額は1・2兆元近くとなり、前月比で69・3%の伸びとなった。また、貸越残高は、1千879・23億元で、前月比で77%の伸びとなった。

 これに対し、期限後半年以上の未返済額は57・73億元で、前月比で1・3倍の増加となっており、四半期ベースでは、第1四半期に比べて8・3億元、16・2%の増加となっている。また、この総額の、上記貸越残高に対する割合は3.1%で、この比率は第一四半期比で0・1%の増加、前年同期比で0・7%の増加となっている。

(翻訳編集・飛燕)


 (09/09/27 05:00)  





■関連文章
  • モルガンスタンレー:中国が世界経済の回復を牽引する可能性は低い(09/09/23)
  • 袁剣:バブル経済に突入する中国(09/09/20)
  • 融資難で倒産相次ぐ 貢献度高い中国中小企業のエレジー(09/09/18)
  • 温首相、8月の景気回復基調に慎重論(09/09/14)
  • 株価暴落、先行き不透明な中国経済(09/08/19)
  • 銀行ローン貸出残高拡大、不良債権とバブル化懸念=中国(09/08/18)
  • 中国経済:バブル膨張、政策決定層黙認の結果(09/08/17)
  • 平均年収の差が55倍に、中国、貧富格差が拡大(09/08/01)
  • 中国の経済刺激策に新たな問題(09/07/14)
  • IMF:アジア全体成長率下方修正、景気回復は長い道のり(09/05/12)
  • 何清漣:中国は本当に世界を救うことができるのか?(09/03/05)
  • 金融危機の本質を見極めよ(09/01/24)
  • 外資撤退激化、中国経済に大打撃(09/01/13)
  • 経済発展の鋭剣が自身に振りかかった中共(09/01/11)
  • 厳冬の中国経済(08/12/30)