THE EPOCH TIMES

中国伝統文化シンポジウム (2012/4/7)

2012年04月05日 23時37分
背景と趣旨

 一年前巨大地震と大津波によって多くの尊い命が失われてしまいました。人間の無力、儚なさを痛感いたしました。有限の生命はどのように無限なる自然の力と調和できるのでしょうか?「天人合一」「聖人知天命」という中国の古いことわざには、どのようなメッセージが込められているのでしょうか。ではここで五千年中華文明の歴史の中で滔々と流れる博大にして精深なる神伝文化について、少し触れてみましょう。

 針灸専門家邵暁東先生は東洋西洋医師であるとともに、30年以上の修練を積んだ気功師でもあり、数多くの方の癌を直した実績もあります。1984年からアメリカ、ヨーロッパなどの14ヵ国で講習会を行って、多大な反響を得ました。1998年米国国立LINCOLN病院からエイズおよびその他の分野における気功学の研究のために招請を受けたことがあります。今回邵暁東先生による中国伝統医学病気治療メカニズムの講演会を行い、合わせで気功の練習を行います。

 極めた舞台芸術を利用して、中国伝統文化の復興を目指す神韻世界ツアー公演についての講演も行います、講演者は真の日中友好協会会長徳永純子です。毎年一新した演目で世界ツアーを行っている神韻芸術団(http://ja.shenyunperformingarts.org/)は世界の人々に何を感じさせたでしょうか。 洗練された舞踊のスキル、東洋楽器と西洋楽器を融合した類い稀なるオーケストラ、美しい衣装、目を見張る舞台背景…これは一見した神韻の印象ですが、仁、義、礼、智、信などが全て目の前で息づき、観客を魅了します。「人々は天を敬い、自分の天命をわきまえ」、「善悪には相応の報いがあります」、仁、義、礼、智、信などの価値観は、儒教、仏教、道教に由来し、中国で発展してきた伝統文化の真髄とも言えましょう。

場所:駒込地域文化創造館 第一会議室  (JRまたは南北線駒込駅北口から1分) 
日付:2012年4月7日 10:00~17:00
 1. 10:10 入場
 2. 10:30 開会挨拶  徳永 純子
      (真の日中友好協会会長、神韻世界ツアー実行委員、医学博士)
 3. 10:40 特別講演I  西洋医学、漢方医学、針灸と気功で病気治療の比較
       講演者 邵暁東
      (針灸専門家、漢方医師と西洋医師、元黒龍江省気功科学研究会副会長)
 4. 11:30 特別講演II  神韻と中国伝統文化
       講演者 徳永 純子 
 5. 12:20~13:30 休憩
 6. 13:30~15:00 シンポジウム  5千年の中国伝統文化の真髄について
 7. 15:00~16:20 健康相談と気功体験
 8. 16:40 閉会
主催: 社団法人 真の日中友好協会  
参加費:無料
参加申込み: ご住所、ご氏名、ご職業を明記したうえ、FAXまたはメールで申し込んでください。
問い合わせ: 真の日中友好協会 170-0002東京都豊島区巣鴨4-19-8‐302室
Tel: 050‐3639‐3878  FAX: 050‐3737‐8041 メール:info@jpcnfriend.or.jp  

真の日中友好協会ホームページ http://www.jpcnfriend.or.jp/about.html
関連キーワード
^