豪州の男子大学生、交通事故で「中国人」に変身

2014年09月05日 18時19分
【大紀元日本9月5日】オーストラリアの男子大学生ベン•マクマホン(Ben McMahon)さん(22)は2年前、大きな交通事故に遭い、一週間以上続いた昏睡状態から意識が戻ると、なんと流暢な中国語が口から出てきた。その代わりに、母国語の英語はほとんど思い出せなくなり、家族や病院を大いに驚かせた。英紙デイリー・メールが2日報じた。

 マクマホンさんは「なんだがわからないが、昏睡状態からゆっくりと目を覚まし、アジア系の看護師を見た私は自然に中国語で『こんにちは。ここがとても痛い』と話しかけた」と当時の様子を語った。

 家族全員はマクマホンさんの奇妙な言動に恐怖を感じていた。彼の両親は「落書きでさえ、全部中国語の漢字だった。例えば『ママ、愛している』とか」と話した。

 マクマホンさんは高校時代に少し中国語を学んでいたが、よくできていなかったようだ。こんなに母国語のように中国語を話すので、地元のニュースに流れた後、マクマホンさんは一躍テレビ番組のホットなゲストになった。またメルボルン市の華人系テレビ局に番組の司会も依頼された。

 科学者らは、このような異変は重大事故による脳構造の変化に起因し得るものだと断定している。

(翻訳編集・王君宜)


関連キーワード
^