印刷版   

南京市で摘発されたニセ銀行 (ネット写真)

「本物そっくり」のニセ銀行、37億7000万円騙し取る=南京市

【大紀元日本1月26日】中国南京市で、「農村経済協同組合」と称するニセ銀行が銀行業務を営む資格がないものの、国有銀行とそっくりなため、わずか1年で顧客200人から、2億元(約37億7000万円)を騙し取った。

 中国メディアによると、南京市浦口に位置するこのニセ銀行は、正規銀行のままの作りになっている。高級そうに見えるカウンター、電子掲示板、ATM、発券機を備えており、正規銀行の制服を着用する従業員が対応に当たっている。公式サイトも開設している。

 さらに、預金者確保のため、国有銀行と同じように定期預金の金利を提供するほか、毎週2%に上る利子補給金を支払うと約束していた。

 被害者の多くは、中小企業が集中する江蘇省や浙江省の民間企業の経営者。ある顧客は昨年5月、仲介者を通じて自社の流動資金1200万元(約2億2600万円)をこのニセ銀行に預けた。4週間連続で利子補給金を受け取った後、利子補給金の支払いは途絶え、預金も引き出せなくなった。

ニセ銀行の入り口(ネット写真)

5つの窓口が設けられ、うち1つが「貯金専用のカウンター」となる (ネット写真)

ATM(現金自動預払機)のサービスもある (ネット写真)

ニセ銀行の「公式」サイト (ネット写真)

(翻訳編集・王君宜)


 (15/01/26 17:27)  





■キーワード
中国  偽物  ニセ銀行  


■関連文章
  • 不穏な動きが続く江沢民元主席の身辺 腹心が新たに失脚か(15/01/26)
  • 5.4億円ダイアのネックレス盗難 実行犯は12歳女児=香港(15/01/26)
  • 【中国故事】 夫婦和睦の理由(15/01/26)
  • 中国などからサイバー攻撃、年間300件 台湾当局は防衛強化(15/01/23)
  • 中国国営紙が記事ねつ造 米誌記者インタビューをプロパガンダ記事に(15/01/23)
  • 中国株急落、6年半ぶりの大幅安 政府の裏操作か(15/01/20)
  • 中国が新航路を設定 台湾の猛反発で協議へ(15/01/20)
  • 中国のGDP7.4%増、24年ぶりの低水準(15/01/20)
  • 中国軍、汚職で高官16人の調査を発表、多数が江沢民派(15/01/16)
  • 北京でまたスモッグ襲来、外国人も抗議(15/01/16)
  • 外国人観光客の連続減少 国家イメージ悪化が要因 中国が世論調査(15/01/15)
  • アジアの大富豪、事業再編で「脱中国化」狙う 中国経済を悲観視か(15/01/15)
  •  「中国で失われた伝統文化を復興」 神韻ワールドツアーが幕開け(15/01/14)
  • 中国伝統芸術団サイトに大規模サイバー攻撃 FBIへ報告(15/01/13)
  • 江沢民氏の長男、国家研究機関トップから退任 影響力低下か(15/01/09)