【写真】広東省の地すべり 建物33棟を飲み込む

2015/12/22 23:01

広東省深圳市の工業団地内で大規模な地すべりで、工場や集合住宅など建物33棟が土砂に埋まり、ガスのパイプラインが爆発した。北京の新京報によると、崩れたのは建築ゴミや残土からなる山で、人災とみなされている。

 中国国営・新華社通信によると、地すべりは20日午後12時40分ごろ、深セン市光明新区の工業団地「恒泰裕工業園」で発生。その範囲は東京ドーム2つ分に相当する10万平方メートル。

 深セン市当局は20日夜の記者会見で、「人工的な土の堆積物が崩れた。もともと存在した山体で地すべりは起きていない」と説明した。発生理由は、急斜面に膨大な量が積まれていたためだという。

 地元住人のリュウさんが大紀元に電話で語った話では、警官は当時「ガス爆発が地滑りを引き起こした」と説明していたという。また、現場から1キロ離れたところに住む匿名希望の女性によると、丘や土砂、水が押し寄せ、居住区域や工場を崩壊させる前に2回の爆発音を聞いたと述べた。

 CCTVの公式ツイッターアカウントが報道したビデオでは、 白い建物が地崩れした土砂の襲来を受けて崩れ落ち、大きな茶色の砂埃に飲み込まれる様子が映されている。

広東省深セン市の工業団地での大規模な地すべりのあと、土砂に飲み込まれた建物 。2015年12月20日。(STR/AFP/Getty Images)
広東省深セン市の工業団地での大規模な土砂崩れのあと、破壊された建物 。2015年12月20日。(STR/AFP/Getty Images)
広東省深セン市の工業団地での大規模な地すべりのあと、生存者を探す救助員たち 。2015年12月20日。(STR/AFP/Getty Images)

(翻訳編集・鶴田ゆかり/佐渡道世)

関連記事
注目記事
^