トランプ氏に追い風か

テキサス州で米国最大規模の油田発見 推定埋蔵量200億バレル

2016/11/21 13:00

 米地質調査所(USGS)は11月15日、テキサス州西部で巨大な油田を発見したと発表した。推定埋蔵量は原油200億バレル、天然ガス16億バレルと推定され、市場価額は9千億ドル(約100兆円)に上る。この油田が稼働すればエネルギーの国内生産を唱えるトランプ氏にとっては追い風になるであろうと予想される。

 巨大な油田が発見されたのはテキサス州西部のパーミアン盆地(Permian Basin)に位置するウルフキャンプ(Wolfcamp)地域。パーミアン盆地は、米国における石油産出の中心となるテキサス州でもっとも豊富な原油埋蔵量を有している地域としてしられてきた。1950~80年代の掘削ブームにより大方の油田はすでに堀り尽くされたものと考えられていたが、パーミアン盆地にはまだまだ十分な原油が眠っていることが明らかとなったことになる。

 現在はシェールガスの採掘には超高圧水流を地下の岩盤に注入する水圧破砕法が用いられている。この方法は水圧で層状の岩石を破壊し、岩石の間にあるシェールオイルやガスを吸い上げる。

 USGSの担当者ウォルター氏によると、すでに掘削済みの油田でも新たな埋蔵量を発見することがある。米国の石油埋蔵量は予想よりはるかに多い可能性がある。採掘技術の進歩により、米地質調査所は既知のシェールガスの埋蔵量を推定し直している。同調査所はすでにパーミアン盆地の原油およびガス資源の調査を始めたが、ウルフキャンプのシェールガスについて調査をしたのは今回が初めてだという。

 USGSの公式サイトによると、同調査所は陸地と海底にある原油の推定埋蔵量を一般に公開している唯一のサイトであり、米全土における国内原油埋蔵量の分布を調査するプロジェクトの一部として、ウルフキャンプ・シェールの埋蔵量評価を引き受けている。

(翻訳編集・文亮)

編集部からのおすすめ
関連記事
^