中朝関係

北朝鮮の対中貿易 過去最高の60.5億ドル 

2017年08月08日 07時00分

 韓国の国営機関・大韓貿易投資振興公社は7月下旬に発表したレポートで、昨年の北朝鮮の対中貿易は全体の92.5%を占め、過去最高で、3年連続90%台の高水準と指摘した。

 「2016年北朝鮮対外貿易動向」と題するレポートは、南北貿易を含まない北朝鮮の貿易総額は65.5億ドルで前年比4.7%増、そのうち、対中国貿易総額は60.5億ドルで前年比6.1%増と示した。

CBSの国家安全保障専門家「北朝鮮の核・ミサイル
計画の資金80%は中国から」

 北朝鮮の核・ミサイル兵器開発の資金源を断ち切るため、国連は2006年から貿易と金融分野を中心に経済制裁を強化してきた。国際社会の圧力により、中国政府は重い腰を上げて、2016年に対北朝鮮輸出禁止品目を発表し、北の最大の外貨獲得源である中国への石炭輸出を2017年内に停止するなど、制裁に同調する姿勢をみせた。

 米国営放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は7月はじめ、中国税関当局のデータに基づいて、原油を除く中国製の石油製品の対北朝鮮輸出額は昨年同期比で17.6%増、今年5月までの5カ月で3500万ドルに達した、と報じた。この輸出量は北朝鮮の石油の需要をまかなっている。

 米国家安全問題に詳しいCBSテレビのフラン・タウンゼント氏は、中国政府は制裁に同意していながら、対北朝鮮支援を従来通り行っている。核・ミサイル発射の資金の8割は中国からだと指摘した。

 国連安保理は5日、北朝鮮への制裁強化の決議を全会一致で採択した。石炭、鉄・鉄鉱石、鉛、海産物の輸出を全面的に禁止する内容で、北朝鮮の年間輸出額の3分の1に相当する10億ドルを減らす目標だ。当初、中国やロシアは制裁強化に慎重だったが、最終的に賛成した。

(翻訳編集・叶清)

関連キーワード

関連特集

^