THE EPOCH TIMES

日本のソフトパワーが生んだ中国の「精神的日本人」

2018年04月30日 09時15分

「中国人のクズだ!」全人代の記者会見で王毅外相が言い放ったこの一言で「精神的日本人」(精日)についての関心が日本でも高まった。精神的日本人とは「中国人だけど、精神的に日本人だと思う人」のこと。反日教育が盛んに行われた中国で、なぜ日本人になりたい中国人が急増したのだろうか。

オンライン百科事典・百度百科は、「顔文字を上手に使いこなす」「畳で寝る」「車が通っていなくても、赤信号を渡らない」と精日の生態を説明した。他にも日本人名を名乗ったり、割り込みをしない、運転時に相手に進路を譲るなど、彼らは日頃、日本人として振舞っている。アニメやゲームを楽しむうちに日本語を流暢に操るようになった人が多い。

精日の主力は90年代、00年代生まれの若者たち。ここまで日本に傾倒した一因について、日本のアニメ、ゲームの影響のほか、ある「精日」の男性は「中国には日本を紹介するまともな映画も本もなかったからだ」と大紀元に語った。

日本は中国人にとって「近くて遠い国」。反日教育の影響で、日本の電気製品は好きだが、日本人は好きになれない。というより、日本人をよく知らない。アニメで見たセーラー服を着る女子高生、花火大会での愛の告白、自転車で花畑を駆け抜けるデートシーン、中国の若者にとって新鮮で憧れでもある。

一方、中国の国産映画は共産党の審査制度によって尊大な自画自賛なものや、誇張に描いた抗日戦争のドラマばかりだった。現実離れのプロバガンダ宣伝は若者の心を掴むことができなかった。

中国最大のQ&Aサイト「知乎」の「なぜ精日現象が起きたのか」のスレッドで、ある回答者はこう書いた。「(共産党が作り出した)中国の文化が若者の支持を得られないなら、日本文化に陣地を取られても文句は言えない」

さらに、この回答者は「外国文化を排除し、国民に洗脳教育ばかりしていれば、行き過ぎた精神的日本人が生まれる」と文化面の遅れが一番の原因と指摘した。

別の回答者は「この30年間、中国のアニメ、ゲーム、映画はお説教ものばかり。日本や欧米の娯楽文化は子どもにとって唯一の選択となった。ドラえもん、トムアンドジェリー、スポンジボブ、ガンダムのおかげで、楽しい子供時代を過ごすことができた。当局の”努力”によって、文化において欧米との距離は拡大する一方だ」と精日現象は文化の失敗、宣伝の失敗だと批判した。

ある精日と思われる回答者は「精日は先進文化を中国で広めているだけだ。日本好きになったのは日本が中国の伝統文化を継承したからだ」と動機を説明した。「文化による影響は10年、20年と長く深く浸透していく。戦争よりも強力な武器だ。日本のソフトパワーは大成功した、と認めざるを得ない」

2014年の調査によると、中国の子供が最も好きなアニメのうち、日本アニメが60%、欧米アニメが29%を占める。2017年11月、新浪微博のコラムが発表した「中国人に影響を与えた日本のアニメTOP10」で、1位になったのは「ドラえもん」、そして「スランムダンク」「ドラゴンボール」「キャプテン翼」「NARUTO」などが続いた。

精日は日本文化の影響を強く受け、徐々に「精神的な貴族」として自分勝手な行動を取る中国人を軽蔑するようになり、しばしば反感を買っている。

中国では理解されないオタク文化

関連キーワード
^