印刷版   

【小説】 幼児教育

 【大紀元日本5月28日】それは、タイ・プーケットのリゾートホテルで起きた。

 ある日、ホテルのホールで、すまなそうな表情を浮かべた従業員が、泣き疲れた4歳の西洋人の子供を一生懸命慰めているのを見かけた。

 原因を聞いたら、子供はテニス・レッスン終了後、誰もいないテニス・コートに一人ぼっちにされていたことが分かった。レッスンの責任者だった従業員は、人数が合わないのに気づき、急いでテニス・コートへ戻ったが、子供はすでに恐怖のあまり泣き崩れていた。

 ちょうどこのとき、子供の母親が現れた。母親は、しゃがんで子供に向かい、優しくしっかりした声で、「もう大丈夫よ。お姉さんは、あなたが見つからなくて、非常に緊張して困っていたのよ。お姉さんのせいではないの、だから、お姉さんの頬にキスして安心させてあげなさい」と諭した。

 すると、子供はつま先立たって、傍らの従業員の頬にキスし、「心配しないで、もう大丈夫だから」と声を掛けた。

 このような教育でこそ、寛容で思いやりのある子供を育てることができるのであろう。

 (06/05/28 09:47)  





■関連文章
  • 七歳の中国人子ども:「生きることは辛いんだ。彼女を助けてどうするの」(06/05/16)
  • 東南アジア、女性・子供の誘拐が毎年50万人(06/05/12)
  • 【読者のおたより】子供の日に思うこと(06/05/05)
  • 親が子供に伝えるべく100の言葉(1)(06/04/27)
  • 中国:大連でも感染症爆発、おびえる市民(05/08/31)
  • 妊婦の喫煙、子供の異常行動に関連(05/08/07)
  • [-小説-]約束      (05/08/06)
  • [-小説-] 1本の長ズボン(05/07/28)
  • [-小説-] 思い遣り(05/07/24)
  • 「-小説-」寛容(05/07/20)
  • 中国諸相4(05/07/05)
  • 中国農村の鍵っ子問題(05/06/29)
  • 自分の手で授業料を稼ぐ子供たち(05/05/23)
  • 東京都板橋区の親子たこあげ大会(05/05/13)