印刷版   

6月22日、イラン最高安全保障委員会のバイディ事務局次長は、核問題について、交渉の前提条件としてのウラン濃縮停止の可能性を排除。写真は21日、アハマディネジャド大統領(2006年 ロイター/Fars News)

イラン、ウラン濃縮停止は交渉の上でのみ検討

 イラン最高安全保障委員会のバイディ事務局次長は22日、同国の核開発問題について、主要国と交渉を行った上でのみ、うまくいけばウラン濃縮活動を停止する可能性があると述べ、交渉の前提条件としての活動停止の可能性を排除した。

 イランがウラン濃縮停止を示唆するのは初めてだが、イラン側の主張が受け入れられる可能性は低い。

 同事務局次長は、当地で行った演説で「イランは交渉の前提条件としてではなく、交渉の結果、うまくいけばウラン濃縮停止を検討する。前提条件なしの交渉のみが、この問題の平和的な解決への道だ」と語った。

 また、アハマディネジャド大統領が、包括見返り案の回答期限を8月22日に設定したことについては「この提案が成功する可能性を最大限にするため」時間をかけて慎重に検討している、と説明した。

(ロイター6月22日=ウィーン)

 

 (06/06/23 09:44)  





■関連文章
  • 原油価格、イラン軍事紛争化なら3倍に上昇も=駐米サウジ大使(06/06/21)
  • イラン核問題、ポジティブな雰囲気が合意への道開く可能性=モッタキ外相(06/06/19)
  • 中国・ロシアと多くの問題で意見一致=イラン大統領(06/06/16)
  • イラン、新たなウラン濃縮を開始=IAEA報告書(06/06/09)
  • イラン最高指導者の発言は「仮定の話」=米政府が忍耐呼び掛け(06/06/06)
  • イラン、2010年までに核兵器保有の可能性=米国家情報長官(06/06/02)
  • イラン、中国の原料で濃縮ウランを加工(06/05/20)
  • イスラエル、58回目の独立記念日(06/05/04)
  • 「東北アジア協力対話」会議終了、個別接触結果、6カ国再開できず(06/04/13)
  • 米専門家:北朝鮮核危機による最大の受益者は中共(06/03/30)
  • 鳥インフルエンザ、欧州やインド、イランに拡散(06/02/20)
  • イラン、ウラン濃縮再開、アジア環太平洋会議、核拡散防止急ぐ(06/02/15)
  • イラン核問題、IAEA緊急会議、3日に再開(06/02/03)
  • ブッシュ大統領、一般教書演説、自由民主拡大を強調(06/02/02)
  • 国連常任理事国代表、イラン核問題、安保理付託に合意(06/02/01)