印刷版   

8月3日、ヒズボラが反撃強める、イスラエルで12人が死亡。写真はTV演説でベイルートを攻撃されればイスラエルの首都テルアビブを攻撃すると語るヒズボラの指導者ナスララ師(2006年 ロイター/ Manar TV)

ヒズボラが反撃強める、イスラエルで12人が死亡

 イスラエルで3日、イスラム教シーア派民兵組織ヒズボラによるロケット弾攻撃で8人が死亡した。さらにレバノンでの交戦でイスラエル兵4人が死亡するなど、この日イスラエルは過去23日間にわたる戦闘で最も数多くの犠牲者を出した。

 世界の主要国が国連決議についての合意に手間取るなか、イスラエルとヒズボラは互いに強硬な姿勢を崩さず、戦闘がさらに激化する恐れが出ている。

 ヒズボラの指導者ナスララ師は、テレビ放映された演説で、イスラエルがベイルートを攻撃すれば、テルアビブを標的にすると表明。一方、イスラエルのテレビは軍高官の発言として、ヒズボラの脅迫が実行されれば、イスラエルはレバノンのインフラを破壊する、と伝えた。

 ナスララ師は「もしベイルートを攻撃すれば、テルアビブを攻撃するし、その能力もある」と述べ、国境から130キロ地点のテルアビブに到達するミサイルをヒズボラが保有していることを事実上、認めた。 

 イスラエルがヒズボラ掃討に向け空爆や地上作戦を拡大するなか、ヒズボラのロケット弾発射は止まず、レバノン内での戦闘も続いている。

 レバノンのシニオラ首相は、今回の戦闘によりレバノンで900人が死亡、3000人が負傷したと発表。うち3分の1は12歳以下の子供という。また、全人口の4分の1にあたる100万人のレバノン人が避難を余儀なくされ、インフラも破壊された、としている。ロイターがまとめたレバノンの死者数は少なくとも686人となっている。

 一方で、イスラエル側は、兵士41人を含む68人が死亡している。

(ロイター8月3日=ベイルート)

 (06/08/04 09:19)  





■関連文章
  • 国連安保理、レバノン決議で「2段階」案を協議(06/08/03)
  • イスラエル軍がレバノン侵攻を拡大、ヒズボラも反撃強める(06/08/03)
  • イスラエル軍が戦闘拡大、オルメルト首相は停戦可能性に言及(06/08/02)
  • イスラエル軍、過去48時間でヒズボラ兵士20人殺害(06/08/01)
  • イスラエル、ヒズボラと捕虜交換の用意=イスラエル紙(06/08/01)
  • イスラエル、ヒズボラとの戦闘終結を求める国際社会の圧力を無視(06/08/01)
  • ヒズボラとの停戦は、国際部隊が配備された後になる=イスラエル(06/07/31)
  • ライス米国務長官、週内にレバノン停戦の実現可能との見解示す(06/07/31)
  • 国連安保理、レバノン空爆を遺憾とする声明を採択(06/07/31)
  • イスラエル、南レバノン空爆を48時間停止することに合意=米国務省(06/07/31)
  • 米国務長官がレバノン訪問を取り止め、イスラエル軍の空爆受け(06/07/31)
  • イスラエル軍がレバノン南部を空爆、子供21人を含む40人死亡(06/07/30)
  • イスラエルは作戦続行、レバノンは死者最大600人か(06/07/28)
  • イスラエルの国連施設空爆で中国人が死亡、国連大使が非難(06/07/26)
  • イスラエル軍が国連レバノン暫定軍の基地を空爆、4人死亡(06/07/26)