印刷版   

自民党幹事長に中川秀直氏、政調会長に中川昭一氏

自民党の安倍新総裁は25日、幹事長に中川秀直政調会長、政調会長に中川昭一農水相が就任する人事を決めた。総務会長には丹羽雄哉氏が決まった。

 中川新幹事長は、衆院広島4区選出で当選9回。自民党森派の重鎮で森内閣で官房長官を務め、小泉内閣で自民党国会対策委員長に就任。政調会長に転じてからは成長重視の「上げ潮戦略」を主導し、安倍新総裁の下でも司令塔的役割を果たすとみられていた。来年夏の参院選の実質的な総責任者としての役割だけでなく、経済政策も含めた「プロデューサー」的な幹事長になる可能性があるとみられている。

 総務会長に起用された丹羽氏は、衆院茨城6区選出で当選10回。旧宮沢派から分かれた丹羽・古賀派の共同代表の1人で社会保障政策に精通している。同派は小泉内閣では厚遇されてこなかったが、今回の総裁選では安倍氏支持を打ち出し、同派内からは丹羽氏やその他のメンバーの三役起用か重要閣僚での処遇を求める声が強かった。

 農水相から政調会長に転じた中川昭一氏は、衆院北海道11区選出で当選8回、伊吹派。故中川一郎・元農水相の長男で早くから要職につき、小泉内閣では経済産業相、農水相を歴任し、重用されていた。安倍総裁とは安保・外交問題で主張が近く、教科書問題でも同じ意見を持っており、経済政策でどのような方向性を示すのかが注目される。

[ロイター25日=東京]
 

 (06/09/25 12:07)  





■関連文章
  • 安倍氏を新総裁に選出、464票獲得し圧勝=自民総裁選(06/09/20)
  • 自民総裁選、自分の1票は安倍氏に入れる=小泉首相(06/09/10)
  • 自民総裁選で街頭第一声、安倍氏ら3候補が支持訴える(06/09/10)
  • 自民党総裁選告示で3氏が届出、本命・安倍氏の政策の中身が焦点(06/09/08)
  • 自民合同会議が貸金業法改正を議論(06/09/07)
  • 「安倍新政権」で柳沢氏重用の思惑、与謝野氏の後任との声も(06/09/01)
  • 自民党内の派閥、一致結束とはならない=総裁選で安倍官房長官(06/07/26)
  • 胡錦涛・国家主席、訪日ついて言及(06/06/13)
  • インタビュー:消費税上げざるを得ず=自民参院幹事長(06/06/12)
  • 次期首相選挙、対中国関係が争点になるか(06/06/08)
  • 次期総裁の最大の使命は経済・財政一体改革=自民政調会長(06/06/07)
  • 山崎拓氏、靖国問題は次期首相で解決の見込み(06/05/02)
  • 自民党、対北朝鮮経済制裁法案を提出(06/05/01)
  • 衆議院補欠選挙、小泉自民党敗退(06/04/25)
  • 日本経済相・二階俊博氏、訪中で東シナ海資源共同開発を協議(06/02/22)