印刷版   

大西洋上に今年6番目の熱帯性低気圧が発生

 アフリカと小アンティル諸島を結ぶ大西洋上で3日、今シーズン6番目の熱帯性低気圧が発生し、米国に向かって西進するにつれてハリケーン並に発達するとみられている。

 国立ハリケーン・センターは、コンピューターによる長期モデルに基づけば、この低気圧は最終的にカリブ海北方に達し、7日までにハリケーンに発達する見込みとしている。

 低気圧がメキシコ湾岸もしくは東部沿岸の米主要石油・ガス施設に脅威をもたらす可能性があるかを正確に予想するには、まだ距離が遠すぎるという。

 この低気圧は、風速が時速63キロに達すると熱帯性暴風雨「フローレンス」となり、最大風速が119キロに達するとハリケーンとなる。

 [ロイター3日=マイアミ]

 (06/09/04 23:29)  





■関連文章
  • 熱帯性暴風雨「クリス」、24時間以内にハリケーンに発達の恐れ(06/08/03)
  • 世界最大豪華客船「フリーダム・オブ・ザ・シーズ」完成、来週出港(06/04/30)
  • 政府、NATOとの連携を強化、対中武器禁輸解除をEUに間接圧力(06/02/02)
  • 写真報道:スロバキア軍用機墜落、死者42人(06/01/22)
  • 原油価格が続落:3ヶ月ぶり最安値を更新(05/11/14)
  • 天意に従い、洪水を治める(05/10/02)
  • 米ハリケーン「リタ」、避難する車で大渋滞(05/09/23)
  • ハリケーン「リタ」、最大級カテゴリー「5」へ(05/09/22)
  • 中共の生存史における米国の救済役 四度目の正直(05/09/17)
  • ハリケーン襲来で助け船失った胡錦濤政権(05/09/16)
  • 胡主席カナダに、提訴された幹部は訪問団から除外(05/09/11)
  • ハリケーン被災地対応のため、米中首脳会談が延期(05/09/05)
  • ハリケーンで死者数千か、ニューオーリンズから市民撤退(05/09/01)