印刷版   


フィジー、軍部隊がガラセ首相公邸を包囲

 フィジーの首都スバで5日、同国軍部隊がガラセ首相公邸を包囲した。ガラセ首相はクーデターの準備が進められていると述べていた。

 武装兵士約40人が首相公邸に続く道路を封鎖、公邸の裏側を占拠した。

 首相は複数の閣僚と公邸内で会談中。

 バイニマラマ軍司令官は、ガラセ首相の退陣を繰り返し要求している。

 フィジーでは1987年以降これまで3回クーデターが起きている。

 [スバ 5日 ロイター]

 (06/12/05 15:07)  





■関連文章
  • タクシン前タイ首相、中国滞在中、帰国のタイミングを探る(06/11/05)
  • タクシン前首相、現在中国に滞在=タイ国家治安評議会議長(06/11/02)
  • タイ暫定政府、戒厳令解除に向け軍との協議を模索(06/10/11)
  • タイのタクシン前首相、旧与党の党首を辞任(06/10/04)
  • タイのスラユット暫定首相、1週間以内に組閣へ(06/10/02)
  • タイ国軍、政党の会合と政治活動を禁止(06/09/22)
  • 軍事クーデターのタイで、市民生活が平常の状態に戻る(06/09/21)
  • 米政府、タイに民主主義の早期回復を促す(06/09/21)
  • タクシン首相がロンドンに到着、滞在期間は不明(06/09/21)
  • クーデターのタイ、街角では女性が兵士に花贈る姿も(06/09/21)
  • タイ経済とバーツは、軍事クーデター後も安定している=中銀総裁(06/09/21)
  • 2週間以内に新首相を選出したい=タイ陸軍司令官(06/09/20)
  • タイ軍、チャチャイ副首相の身柄を拘束(06/09/20)
  • タイ、軍の統制は一時的なもの=ソンティ陸軍司令官(06/09/20)
  • タイのタクシン首相がニューヨークを出発へ、行き先は不明(06/09/20)