書評:『とおい ところへ いきたいな』(モーリス・センダック著)

2007年09月25日 01時00分
 【大紀元日本9月25日】どこか遠いところへ、行きたいと思ったことはありませんか? 言葉をおぼえる前に月の彼方を指差したことを、おぼえておいででしょうか? ようやくお母さんのことや新しく生まれた赤ん坊のことなどを、考えはじめた子どもが遠くへいきたいと思ったのです。それは10才以前の子どもが出会う、初めての心の外側であったに違いありません。

 主人公のマーチンは、おかあさんに聞きたいことがありました。さあ! それはどんなことだったのでしょう? でも、お母さんは、赤ちゃんをお湯に入れるのに夢中でした。マーチンは大決断します。「ぼくが きくことに ちゃんと だれかが こたえてくれる、とおいところへ いっちゃうから。」

 マーチンは「とおいところ」をさがしに出かけます。途中で知り合った年寄りの馬と、すずめに「とおいところ」ってどこか知ってるかいと聞きました。すずめは「とおい ところって、じょうひんな ひとたちが すんでいるところですわ。」と言います。馬は「とおい ところとは、うまが ゆめを みられる ところです。」と言いました。すずめも馬もそう言って泣き出し、二人とも遠いところへ行きたいと言いました。

 三人が泣いているとネコがやってきて「みんな、どうして ないているの? なにが あったの?」と聞きました。ネコは「そのきもち、よくわかるわ。」と言いました。ネコの遠いところは「ねこが いちにちじゅう うたをうたっても 『うるさい!』なんて、いわれない ところ ですから。」と教えてくれました。

 マーチンは知り合った友だちの話を聞いて、目指す遠いところが分かってきました。「ぼくが なにを きいても、だれもが ちゃんと こたえてくれる ところ なんだ!」と誇らしげに言いました。

 ネコが「わたし しってるわ、とおいところ。」と言いました。ネコが知っている遠いところは「まちを ぐるぐる まわって、かどから ふたつめの ちかしつ。」地下室についてしばらくすると、めいめいの遠いところが食い違って喧嘩が始ってしまいました。馬が「わたしは かえります」と言いました。すずめは「ここが とおいところなら、まだまだ とおさが たりませんね。」と言い残して窓から飛んでいきました。ネコは「わたしは、あたらしい とおい ところを みつけに いくわ。」と窓からするりと出ていきました。

 ひとりぼっちになったマーチンは「もう、あかちゃんの おゆも おわっただろうな。」と考えました。「でも、まだ あかちゃんに かかりきりかな。そしたら、げんかんの だんだんに こしかけて、とおるじどうしゃを かぞえていれば いいや。」マーチンは遠いところで、待つことを学びました。

 マーチンはトランクをつかんで、窓から這い出すと一目散に・・・「そして まっていれば、ママは おしえてくれる。じょうひんの いみや、うまが ゆめを みる わけを。ねこが、ならいも しないのに うたが うたえる わけだって、おしえてくれる。」お母さんのところへ、走って帰っていきました。

(庚)

関連キーワード
^