中国フルーツ「竜眼肉」の健康功能

2007年09月06日 01時00分
 【大紀元日本9月6日】中国フルーツの竜眼は、「桂園」「益智」などの別称があり、実が円くて黒く光沢があり、胚珠の突起が白くて、伝説中の「竜」の目に似ていることから、この名が付いた。新鮮な竜眼は、肉質が極めて柔らかく、果汁が多くて甘く、口当たりも美味で、その他の果実はこれに及ばない。竜眼の果肉を乾燥したものは、漢方生薬の「竜眼肉」(りゅうがんにく)である。

 竜眼肉の功能

 竜眼肉は、多くの栄養物質を含有しており、血液の生成を促進し、精神を安定させ、脳機能と消化器機能を改善するなどの功能があるため、伝統健康食品として、睡眠障害、動悸、神経衰弱、記憶力減退、貧血などの症状に使われている。その他に、竜眼肉は抗老衰作用があるという研究論文も発表されている。

 また、竜眼肉は子宮癌細胞の増殖に対して90%以上の抑制効果があると報告されたことから、医学専門家の注目を集めている。特に更年期の女性は、子宮癌が発生しやすいので、竜眼肉を適量摂取すれば、予防効果が得られるのではないかと考えられている。

 竜眼肉は、病後の回復や虚弱体質の人にとって、とても理想的な栄養補助食品であり、街の漢方薬局で入手可能である。

(翻訳/編集・太源/甄)

関連キーワード
^