THE EPOCH TIMES

【神韻芸術祭】「トップダンサーの抜群の身体能力に感心」=名古屋在住の主婦

2008年02月17日 19時24分
 【大紀元日本2月23日】名古屋では初公演となる神韻芸術祭。観客は、これまで味わったことのない感動を受け、拍手喝采を送った。

 友人に誘われたという主婦の山本美枝子さんは、前半を終えて一番印象に残ったのは『大唐の鼓吏』。「男性20人の動きが合っているし、力強い」と感想を述べた。

 舞踊については、「隊形もいいし、(演目『昇華する蓮天』で)天に召されて行くのが良かった。演目の中で神々が出てきて神秘的だった」と、天上の美しい世界を現した舞踊に魅了されたという。

 また、「ポスターに載っている主役の女性はすぐに分かった。女性16人の中で、いつもまん中に位置している。動きが違う。全体を見るが、やはりメインに目がいく」と話し、神韻ニューヨーク芸術団のトップダンサーである任鳳舞(レン・フォンウー)の抜群の身体能力に感心していた。

 社交ダンスをやっているという山本さんは、「足や手の動きがすごく参考になる。すごくしなやかで、柔らかい、羨ましい。踊りには共通するところがたくさんあるが、特に衣装の色使いが参考になる」と語った。

 
社交ダンスの参考になると話す山本さん(大紀元)

また、舞踊の背後に大きく広がる3Dスクリーンについて、「男性の背中に『精忠報国』の四文字を入れ込んだのがスクリーンの画像で出てきたのは、まるで本人のようでびっくりした。初めての体験」と驚きを隠せなかった。

 最後に山本さんは、「後半も楽しみ。来年も名古屋で観たい」と笑顔で語ってくれた。

 
(記者・山川)
関連キーワード

関連特集

^