印刷版   

速報:手足口病感染者2万5千人、死者34人

 【大紀元日本5月10日】このほど中国で手足口病(腸道EV71ウイルス)が流行り、この病気に罹り死亡した児童はさらに増加し、5月8日昼、中国当局が発表した統計では手足口病に感染した児童は1万6千人だったが、8日夜ですでに34人が死亡、感染した児童は2万5千人に達した。

 新華社の報道によると、感染率のもっとも高い地区はやはり最初に腸道ウイルス感染発生した安徽省で、この地区で手足口病に感染し死亡した児童は22人に達しているという。

 手足口病は児童によくみられる感染病の1つで、「発疹性口腔炎」とも呼ばれ、腸道ウイルスを通じて感染し、手、足の皮膚は炎症が起こり、膿になることと口腔粘膜潰瘍が主な臨床特徴だ。

 手足口病は周期的なもので、感染した児童は一般的に1~2週間で回復し、後遺症は残らないが、一部の児童は肺炎、肺水腫などの合併症で命を落とす場合もある。

 このほど、中国で流行っている手足口病は1972年に米国で初めて確認されたEV71腸道ウイルスによる感染で、手足口病の主な病原体の1つ。

 
(翻訳/編集・余靜)


 (08/05/10 06:09)  





■関連文章
  • 中国手足口病感染者1万6千人に急増、死者28人(08/05/08)
  • 中国各地で手足口病拡大、死者26人(08/05/07)
  • 腸道EV71ウイルス感染、4529症例に急増=中国安徽省(08/05/05)
  • 中国安徽省:児童800人腸道ウイルス感染、19人死亡(08/04/30)
  • 中国製抗血液凝固剤汚染品、11カ国で流通(08/04/24)
  • 鳥インフルエンザ、ヒトーヒトへの感染確認=中国江蘇省(08/04/09)
  • パキスタン:鳥インフルエンザ、ヒトからヒトへの感染が確認(08/04/06)
  • 猫原因不明大量死、不安の日々を過す住民=タイ(08/03/27)
  • インフルエンザで児童3人が死亡、小学校、幼稚園などが休校に=香港(08/03/14)
  • 香港:アオサギから鳥インフルエンザH5N1感染を確認(08/02/19)
  • モンゴル:馬インフルエンザ13万頭以上が感染(08/02/15)
  • インド北東部で5万羽鶏大量死、鳥インフルエンザ感染の疑い(08/01/16)
  • 中国の男性、息子から鳥インフルエンザに感染した可能性(08/01/11)
  • 英国:ノロウイルス大流行、毎週10万人感染(08/01/04)
  • 3度目鳥インフルエンザ感染発生、50万羽家禽処分=ロシア(07/12/15)