印刷版   

(KAREN BLEIER/AFP/Getty Images)

米国の国鳥ハクトウワシから危険なレベルの化学物質

 【大紀元日本5月13日】米国カリフォルニア州衛生局の調査で、環境汚染の影響を受けた米国一部地域のハクトウワシの体内に化学物質が多く存在しており、その含有量は危険なレベルであることがこのほど明らかになった。

 報道によると、ハクトウワシの体内で発見された数種の化学物質中、ポリ臭化ジフェニルエーテル類ポリブラミナイティッド・ディフェニルイーサーズ(PBDE)の含有量が最も高く、以前行われた研究で米国一部地域の授乳期の女性の母乳中に含まれていたことが明らかになっている。

 研究員は餌となるハトが街中で食べた物が化学物質で汚染されており、これがタカの中毒の主要原因ではないかと考えられる。

 PBDEは難燃材として工業製品や家具などに広く使用されている。哺乳動物、鳥類や魚類などに害があり、主な影響は動物の神経と内分泌系統の阻害、さらには成長発育に直接的或いは間接的な悪影響を及ぼす。

 近年、これらの有害物質は多くの国の土壌、沈殿物、大気や生物の体内から検出されているという。

 
(翻訳・坂本)


 (08/05/13 11:31)  





■関連文章
  • 朝食抜きの妊婦は、女児を産みやすい(08/05/10)
  • コストゼロの生物燃料、実は高い大気汚染の代償=インド・ビハール州(08/05/07)
  • 大気汚染で花の香りが減少(08/04/23)
  • 中国のCO2排出量、過去の予測より最悪=米研究(08/04/21)
  • 珠江デルタ:水土汚染により香港へ供給する野菜拠点を北へ移動(08/04/20)
  • 人間掃除機?大気汚染で年間30万人死亡=中国(08/04/07)
  • 白陶土の違法投棄で貯水池汚染=広西チワン族自治区(08/03/13)
  • 男子マラソン世界記録保持者、北京の大気汚染で競技不参加か(08/03/12)
  • 中国産医薬品原料使用、米国で19人死亡(08/03/10)
  • 中国山西省:高濃度化学汚染物質排出工場の稼働停止を求め、住民が集団抗議(08/03/06)
  • 北京五輪水不足解消プロジェクト急ピッチ、懸念されるその影響(08/03/04)
  • エクアドル:土砂崩れ発生で送油管破裂(08/03/03)
  • 融雪剤による水源汚染=中国広東省(08/02/20)
  • 中国湖南省の化学工場周辺、住民大量中毒事件が発生(08/01/28)
  • 北京五輪が直面する難題、食品の安全性(08/01/24)