印刷版   

中国中央銀行、6年ぶりの金利引下げ

 【大紀元日本9月20日】中国の中央銀行である中国人民銀行は15日、人民元建て貸出基準金利と、預金準備率の引き下げを発表した。利下げは2002年2月以来、6年7ヵ月ぶり。貸出基準金利の引き下げは16日から、預金準備率引き下げは25日から実施する。

 今回の引き下げについて中国の専門家は、世界経済の低迷や、金融市場、銀行状況の悪化を懸念し、国内の景気低下に歯止めをかけるためとみている。北京当局は、従来通りインフレを防止しつつ、経済成長を保つために、金融緩和に踏み切った。

 基準金利の引き下げ幅は、短期で大きく、長期で小さく設定されており、資金調達に苦しむ中小企業に効果が大きいとみられている。

(翻訳編集・田中)

 (08/09/20 09:13)  





■関連文章
  • ホット・マネーに翻弄される中国経済(08/09/05)
  • 五輪後の中国経済、景気減速の兆し(08/08/26)
  • 資金チェーンの断裂、広がる中国民間企業の倒産ブーム(08/08/21)
  • 米サブプライムローン問題、中国経済にも大きなダメージ  (08/07/24)
  • 中央銀行の預金準備金率引き上げ、インフレ抑制が難題に(08/06/14)
  • 中国不動産市場の低迷、10月に「強震」の可能性(08/05/31)
  • 四川大地震:エネルギー産業の被害甚大(08/05/25)
  • 四川大地震:経済損失2兆8500億円に達するか、インフレ更に強まる見込み(08/05/17)
  • 中国消費物価指数上昇、加速するインフレ率(08/05/11)
  • 中国第2四半期のCPI上昇率は7・8%=北京大学中国経済研究センター「朗潤予測」(08/05/03)
  • 中国経済、将来においてデフレ圧力が発生=報告(08/05/01)
  • アジア熱帯雨林の破壊深刻、地球は「超」危機に直面(08/04/30)
  • 2008年上半期:広東・珠江デルタ地区、香港系企業4千社閉鎖(08/04/28)
  • 馬英九・次期台湾総統:香港市民は台湾へ、ノン・ビザの検討へ(08/04/17)
  • 程暁農:2008年は中国経済全面崩壊の始まり(08/04/12)