印刷版   


第5回東京国際フラワーエキスポ開く=幕張メッセ

 【大紀元日本11月3日】「第5回東京国際フラワーEXPO IFEX2008」と「第2回 国際ガーデン&エクステリアEXPO GARDEX2008 」は10月30日から11月1日、幕張メッセ国際展示場で開催された。

 今回の展示会は日本最大の国際商談展。30数カ国から870社が集まり、日本各地の花業界関係者や、ホテル・ブライダル関係者、百貨店などが多数来場した。日本国内や、中国、台湾、韓国、コロンビア、オランダなど30数カ国の生花が展示された。

 ここ数年、バラとカーネーションを中心に日本の生花市場の輸入は増加し続けている。うち、バラの最大輸入国はインド、輸入総量の約半分を占めている。また、生花輸入量上位のアフリカ国家エチオピアとケニアだが、展覧会に訪れた両国の駐日大使は取材に対し、日本での市場拡大に品質で勝負する自信満々の意欲を示した。

 外国企業の競争を前に、日本組も負けてはいない。各業者は相次ぎ新商品を開発している。ある日本企業は衣服のボタンの中に生花を嵌め込んだ。
出展された洋蘭(大紀元)
盆栽ブースの一角(大紀元)


 日本国内第2の盆栽生産地千葉県は今回、盆栽を中心に展示会に出展した。県農林水産課の須合健己氏は、盆栽は日本の特色であり、当地の盆栽輸出量は全国トップで、主に中国、欧州などで販売されていると説明、日本での市場は飽和状態になり、海外市場の開拓は重要不可欠と話した。

 主催者のリードエグジビションジャパン(株)の石積忠夫社長は取材に応じ、運送コストの増加や円高の状況にあるにもかかわらず、新たな取引先を開拓するため大勢の業者が積極的に展示会に出展したと説明。昨年の展示会には約30万人が来場したという。

 
(記者・張暁宇、翻訳編集・叶子)


 (08/11/03 13:54)  





■関連文章
  • 中国国防専門家、遺体バラバラ事件(07/09/30)
  • 中国産生花、害虫検出で3万本処分=ロシア(07/07/28)
  • 専門家が証明:植物は知能を有する(07/07/19)
  • 雪風が創り出した大自然の盆栽(07/07/05)
  • イスラエル労働党首選、バラク元首相が勝利宣言(07/06/13)
  • 北朝鮮が2回目の核実験を実施すると予想=在韓米軍司令官(06/10/30)
  • EU、対中国新貿易政策を公表、中国の経済改革・市場開放強調(06/10/27)
  • 大阪:世界バラ会議、アジアで初開催、青いバラもお目見え(06/05/16)
  • 写真報道:インド、貿易展示会場大火災、100人が死亡(06/04/12)
  • チベットの十大不思議(06/03/07)
  • 台北国際フォーラム、中国の台頭に日米の学者が警鐘(05/12/15)
  • イラク駐留米軍指揮官が語るナジャフ・カルバラ情勢(05/12/13)
  • ロシア、イランに7億ドル相当の武器売却(05/12/10)
  • 中国軍、台湾侵攻用ハイテク兵器を計画装備(05/11/21)
  • 体に最適な食事とは?(05/08/23)