印刷版   

ブラジル南部=水害で28人死亡1万8千人以上が家を失う

 【大紀元日本11月26日】ブラジル南部のサンタ・カタリ‐ナ州でこのほど、連日の豪雨により28人が死亡、1万8千316人が帰る家を失い、イタジャイ山岳地帯4つの町では特に被害がひどく、依然として外部との通信が断たれている。

 サンタ・カタリ‐ナ州民防庁によるとイタジャイ-アス川の水位は24日朝の時点で11・52mにまで上昇し、ブルメナウ市250本の街路が河水により水没。同庁は24午後には水位が12mになるものと予測していた。

 同市では現在までに土石流で家屋が流され、8人が死亡しており、市政府が全市に警戒状態を発令した。またサンタ・カタリ‐ナ州長ルイス・ヘンリック氏も中央政府に対しブルメナウ地区への援助、特にヘリコプターでの外界から隔離された町への物資投下を要求している。

 サンタ・カタリ‐ナ州は2ヶ月前から雨期に入っており、州長が22日に全州警戒状態を宣言した。前日、州都フロリアナポリス、イタジャイ山岳地帯と北海岸では降雨量が300ミリに達した。気象予報ではこの先24時間の雨脚は衰えないだろうと伝えている。

 
(翻訳・坂本)


 (08/11/26 02:40)  





■関連文章
  • インド水害50人死亡、動物園のワニも行方不明(08/06/22)
  • 中国大陸の半分が水浸し、9省で水害55人死亡 (08/06/16)
  • 中国南部で暴雨続く(08/06/11)
  • 中国南部で暴雨続き、広東省3大河川に警戒線(08/06/04)
  • インドネシア沿岸に大潮、専門家が甚大な水害を警告(08/06/02)
  • ブラジル、世界第3位埋蔵量を誇る新油田を発見  (08/04/18)
  • ブラジル大統領、北京五輪開幕式不参加(08/04/04)
  • デング熱流行で47人以上が死亡=ブラジル(08/03/23)
  • 雪害と暴風雨により当局が水害警報発令=英国(08/03/11)
  • アルゼンチン・ブラジル、核原子炉共同建設に合意(08/02/26)
  • ボリビア東北部で水害、国家レベルの災害発生発表(08/02/15)
  • 米南部で竜巻や雷雨、少なくとも45人死亡・150人以上負傷(08/02/07)
  • アマゾンの森林面積が激減(08/02/04)
  • 中国、南部のエネルギー消費抑制に向け税還付の削減を計画(08/01/30)
  • 南米イグアスの滝、圧巻は「悪魔の喉笛」(08/01/21)