印刷版   

香港の繁華街を行く買い物客=2009年12月9日(MIKE CLARKE/AFP/Getty Images)

世界金融危機で、香港百万長者16%減

 【大紀元日本2月22日】バンク・オブ・アメリカの調査によると、世界金融危機の影響により、100万香港ドル(約1千215万円)以上の流動資産を持つ、いわゆる百万長者の人数が07年と比べ6万6千人減少し、下げ幅は16%になることがわかった。

 調査は、08年11月初めから12月初めまでの1カ月間、3300人の21歳から79歳までの香港市民を対象に実施された。それによると、200万香港ドル(約2千430万円)の流動資産を保有する人数は前年比で13%減、200万香港ドル(約2千430万円)から500万香港ドル(約6千75万円)の資産を持つ人数が10%減、さらに500万香港ドル(約6千75万円)以上の資産を持つ人数も約36%と大幅に減った。元百万長者の保有資産は平均26%縮小した。うち60%の人が株式市場の急落で多額な損失を出したことで資産額が低下。その平均損失額は約42万香港ドル。また、ファンド投資や為替取引で出た損失も資産を減少させた原因に挙げられている。

 香港百万長者のうちに約80%の人が40歳以上の投資経験が豊富な資産家で、27%の人が退職者で、専業主婦が15%を占めているという。

 さらに調査では、香港の港島区は富豪が最も集中する地区で、平均9人に1人が百万長者である。それに対して、九龍区では17人に1人、新界や離党区では19人に1人が百万長者であると示した。

 世界金融危機で資産が大幅に減少した元百万長者たちの一部は現在、株価や不動産価格が低いうちに、投資機会を掴みたいと考えているという。

 (翻訳・張哲)


 (09/02/22 08:46)  





■関連文章
  • 09年度中国国債発行倍増、懸念される償還能力(09/02/21)
  • ロシア軍艦が中国貨物船を撃沈、8人行方不明(09/02/20)
  • 国際経済学者:中国のGDP伸び率はほぼ0%近い、政府は中国経済の実態を隠蔽(09/02/19)
  • 鳥インフル第2段階の感染期に突入=香港(09/02/18)
  • 基準値の10倍、深刻化する大気汚染=香港(09/01/30)
  • 壮絶、中国の帰省ラッシュ=香港メディア(09/01/14)
  • 贈賄事件でマンション建設中止、被害者の大学教授ら抗議デモ(訂正再掲)(09/01/08)
  • 塵に包まれる東洋の真珠・香港、上昇する大気汚染指数(09/01/08)
  • 中共系メディアの末路、香港「明報」ニューヨーク版が廃刊(09/01/04)
  • 香港元旦:中国共産党脱党支援パレード、脱党者数4800 万人へ(09/01/03)
  • 香港・中国冤罪同盟:上海当局、参加者らを拘留(09/01/02)
  • 香港で鳥インフル再発、ウイルス変異か(08/12/16)
  • 中国メラミン事件再発:EU、乳製品輸入・全面禁止(08/12/10)
  • 中国長者番付トップ逮捕、投資危険性が再浮上(08/11/30)
  • 中国の発展スタイル、民主価値への脅威=パッテン元香港総督(08/11/26)