THE EPOCH TIMES

両会開催中、千人の直訴者が当局と衝突=北京

2009年03月09日 05時29分
 【大紀元日本3月9日】今年の全国人民代表大会および中国人民政治協商会議(両会)は3月3日より開催された。開催日の1週間以上前から自分たちの不当な扱いを訴えるために、全国各地から直訴者たちが北京に次々と押し寄せた。これに対して、当局は直訴者たちを強制的に拘束した。また、両会開始以降連日、当局関係者は女性直訴者たちに対して暴力を振い怪我をさせたため、約千人の直訴者たちの不満が爆発し、当局関係者らに殴り返したり、警察の車を破壊した事件が発生した。被害を受けた女性直訴者は病院へ運ばれた。一方、陜西省出身の女性直訴者は天安門で焼身自殺を図った。

 3月3日、北京南駅で当局警察は山東省から来た直訴者4、5人を拘束した上に、さらに数人の年配の女性直訴者に暴力を振るったため、周りの民衆が怒りを引き起こし、警察らに殴り返し、警察の車を破壊した。山西省から来た直訴者・梁雅仙さんは、「山東省出身のある年配の女性が警察に追われ、捕まえられて顔を床に強く押し付けられた。当時、現場にいた約千人の民衆が怒り、警察の車を破壊した」と語った。

 一方、同日に上海から来た68人の直訴者は北京治安総本部へデモ行進を申請したが、これに対して当局警察は北京に駐在している上海当局関係者に通報し、全員を拘束させた。また、北京の人権活動家・曹順利さんが治安総本部警察から暴力を受け、行方不明になり、同件に対して各界へ関心を寄せるよう呼び掛ける情報が寄せられた。

 3月5日午前10時ごろ、江蘇省から来た女性直訴者は北京信訪局を出てから、直訴者を拘束する江蘇省当局関係者にいきなり連行用のバスに引き込まれ、バスの中でひどく殴打された。この行為が、現場にいた約千人の直訴者の怒りを引き起こしてバスを包囲させた。

 目撃者である河北省出身の直訴者・李桂芝さんは、「女性はバスに引きずりこまれて、すぐに殴られ始めた。それを目撃した周りにいた直訴者たちがバスを囲い、おまえらの腐敗を打倒、汚職を打倒と叫んだ。バスのタイヤ、ガラス、ライトが全部壊されて、ナンバープレートも外され捨てられた。そして、直訴者たちは炭酸飲料のガラス瓶で警察らを殴った」と語った。

 李さんによると、女性の顔は殴られて腫れあがり、通報を受けて現場に駆け付けた警察が女性を病院へ送ったという。

 一方、同日午前11時ごろに、陜西省西安市から来た女性直訴者が天安門で焼身自殺を図った。目撃者・従淑栄さんは、「天安門金水橋前で自分で火をつけて焼身自殺を図った。この女性は西安から来た者で30歳ぐらい。火を消された女性は背中に火傷を負い、泣き崩れていた。警察はずっと彼女を囲んでいた。周りで見ている人は少なくなかった」と語った。

 従さんによると、当日天安門を訪ねてきた不当な扱いを訴える直訴者数百人は次々と警察に天安門支局へ連行され、さらに拘留場所の馬家楼と久敬荘へ移動されたという。また、従さん本人は3年にわたり直訴しているが、公安に殴られ腰を痛めたという。従さんは、「天安門を訪ね、飛び降りるつもりだ。それができなければ、毒薬を飲んで自殺するつもりだ。毒薬を持参している。どちらにしてももう活路はないのだ」と語った。

 両会の前に、北京に大規模な「直訴の波」が押し寄せた。毎日、千人以上の直訴者が北京の各信訪局に現れる。これに対して、両会会場の周りは警察の車、私服警察、公安が厳重な監視を行っている。北京当局は両会会議が無事に開催できるように厳戒態勢を敷いており、警戒対象は主に直訴者である。
3月5日、北京南駅。直訴者を連行する小型バスのガラス、ライトが壊された(大紀元)











 
(記者・古清児、翻訳編集・余靜)


関連キーワード

関連特集

^