印刷版   

幼いミャンマーの難民。ミャンマー・中国間の国境近くにて(PHILIPPE LOPEZ/AFP/Getty Images)

ミャンマーで内戦勃発、難民数万人が中国へ流入

 【大紀元日本9月1日】国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、8月8日以来、3万人あまりのミャンマー難民が中国に流入したと発表。27日の地元民兵と警察との衝突が、難民数増加に拍車をかけた。

 衝突は、北東部シャン州コーカン地区で、政府軍と少数民族コーカン族の武装勢力の間で発生。AP通信によると、ミャンマー警察当
ミャンマー軍事政権の政府軍(AFP)
局が今月8日、コーカン地区にある銃器修理工場を麻薬製造の疑いで捜査し、地元コーカン族民兵が反発したことを起因とし、27日まで警察との緊張が続いていた。

 衝突のあったコーカン地区に近い中国雲南省南西部の住民によると、戦闘が始まったのは8月27日午後5時頃で、翌日の朝から大砲や、機関銃の射撃音などがずっと聞こえていたという。

 29日付の中国英字紙「チャイナ・デーリー」は、国境線から数百メートル離れた中国雲南省にミャンマーから砲弾1発が落下し、1人が死亡、数人が負傷したと伝えた。また、ミャンマーの国営メディアは30日、政府側治安部隊の死亡26人、負傷47人を報じている。

 今回の戦闘について、コーカン武装勢力は「軍事政権が少数民族に圧力をかけ、民兵組織を政府の国境警備隊に組み入れようとしている」と声明文を発表。ミャンマー政府当局が「麻薬製造」を理由にコーカン族を抑え込もうとしているとの見方を示した。

 一方、中国国際放送局は31日、衝突は一旦沈静化したと報道した。内戦を恐れて中国へ流入した避難民が次々と帰国を始めたと伝えられているが、現地の混乱は続くものとみられる。

(翻訳編集・叶子)

 (09/09/01 01:41)  





■関連文章
  • スー・チーさん軟禁判決、国際社会から高まる非難=ミャンマー(09/08/13)
  • 韓国キリスト教団体記者会見、法輪功学習者の強制送還に反対(09/07/28)
  • 雲南省でM6.0地震、死傷者300人超    (09/07/10)
  • スパイ活動従事:中共外交官、スウェーデンより国外追放(09/06/25)
  • 中国広東省:大規模な流血弾圧事件発生、死傷者400人(09/05/28)
  • 中国汚職役人:逃亡先は米、カナダ、豪州に集中(09/05/11)
  • 監禁中の高智晟弁護士の妻が記者会見、国際社会の救援求める(09/04/10)
  • 在日・中国人民主活動家、難民認定される(09/04/08)
  • 豪州政府、保護申請の中国人に損害賠償支給か(09/03/18)
  • チベットなど7省地区で大雪、四川・チベットで雪崩発生(09/02/28)
  • 中国雲南省:補助金未払い、退職者4千人抗議(09/01/24)
  • 空軍戦闘機墜落、生存者不明=中国重慶(09/01/11)
  • 雲南省で地震、3万人が緊急避難(08/12/28)
  • 立体交差橋倒壊で2人死亡4人負傷=雲南省(08/12/11)
  • 韓国最高裁、中国民主活動家の難民初認定(08/11/20)