印刷版   

08年3月、国防相に任命され、胡錦涛国家主席に敬礼する梁光烈氏(AFP)

党の軍隊指揮に反対 梁光烈国防相、意見書提出か

 【大紀元日本12月7日】最近、中国の梁光烈・国防相の名義で、中共政治局と国務院の関係部門に宛てて出した意見書が中国語ネット上で漏洩され、流布されている。軍隊編制を改革し速やかに軍の国家化を実現するよう要求した内容。中共政権が定める「党が銃を指揮する」という軍隊構築綱領と原則を軍のトップが公然と否定したのは、中共政権史上初めてである。そのため、梁氏の意見書は大きな注目を集めている。

 同意見書に対して、中共中央と国務院から賛否などの回答を得ていない状態だが、この白書がネットに漏洩され、広範囲に流布していることは、中共軍政の各関係派閥の立場を反映するものであり、中共政権トップにおける権力闘争も、白熱化するものと思われる。 

 意見書の主旨

 同意見書は「我が国の国防体系における問題についての思考と提案」と題するもので、以下の四点をもって中国軍隊の現状を改正するよう提案している。

 (一)国防動員体制を全面的に改編する。現在、中国軍隊の軍以上の編制単位の中で、31省軍区が半分以上を占め、また約10万人の国境警備隊を備える。軍隊編制の問題を解決するためには、まず各省(直轄市)の省軍区、軍分区、人民武装部を撤廃し、かわりに各省、市、県の兵役局を設け、戦時の徴兵、平時の予備役民兵の訓練などを担わせる。全国の省軍区、軍分区の部隊は国防省の下に統轄される。全国国防動員組織(約10万人の国境警備隊を含む)も国防省に統轄されるべきである。国防省は前ソビエトの体制に倣い、実在的な運営を実現する。

 (二)米軍の統合参謀本部に倣い、中共中央軍事委員会および中国軍事委員会を撤廃する。また、四大総部、七大軍区、二砲と武装警察の編制を撤廃し、陸軍部、海軍部、空軍部を設立する。

 (三)大軍区の編制を全て撤廃した後、独立して軍事任務を実行できる合成軍および特殊作戦師団、旅団をいくつか編成し、陸軍が統轄する。海軍、空軍、二砲部隊は、協力体制をとりながら軍事作戦任務を遂行する。

 (四)武装部隊が撤廃された後、兵員を部分的に縮小するほか、大部分を警察に改編し、地方政府が管轄する。

 また、意見書では、以下の見解が示されている。

 世界各国の軍隊はいずれも国防省の指導と指揮を受けるが、唯一中国の軍隊は異なる。このような軍隊では戦闘できない。中国の軍隊は名義上、四大総部および2つの軍事委員会の指導を受けているが、実際は2つの看板の下にいるのは、同じメンバーなのである。中央軍事委員会の現状は、江沢民と胡錦涛は軍事に詳しくないので、実際は軍事委員会副主席・郭伯雄と徐才厚の2人が軍隊を牛耳っている。軍全体の戦力や人事、日常の運営まで、ことごとく2人で決めるとなれば、軍隊の構築がうまくいくはずはない。

 分析家によると、梁光烈氏の意見書の提案が実現すれば、軍隊トップの人事や指揮権に大きな調整をはかることになる。しかし、さらに重要なことは、中共の軍隊構築論理、原則、方針を全面否定することで、軍隊における中共政権の権力の基礎が瓦解することだ。軍が、政権を含む真の国家化を実現することを意味する。

 梁光烈の提案、外部から支持

 同意見書は梁光烈国防相本人が出したものかどうか確実な根拠はまだないが、ネット公開された後、瞬く間に反響を呼んだ。11月29日、中華合衆国設立準備委員会の発起人である陳泱潮氏は、この意見書は意義甚大で、止めることのできない歴史的潮流と、現代化における軍の切迫した要請を反映していると指摘する。陳氏はネットに梁光烈氏を支持する署名を設けている。

 軍の国家化は、中国政治の現代化と民主化を実現するための一つの前提であり、中共が軍を絶対的にコントロールすることは、中国政治の民主化にとって最大の障碍と思われる。陳氏は、良識ある中国の軍人は、軍人としての勇気と責任感を持ち、圧力を排除しながら、着々と中国軍の国家化を実現すべきだと呼びかけている。

 中共は軍の国家化に反対し続けてきた。同意見書は事実上、中国軍人の中共離脱を公開し、中共の軍に対する掌握力が低下していることを反映するものと思われる。

 中共指導部の権力闘争に関わる

 党と軍隊との関係は、中共政治体制の中核であり、これをめぐる論争はずっと続けている。鄧小平、江沢民、胡錦涛など、これまでの軍事委員会主席は、党が隊を指揮するという中共の伝統を強調しているが、もし誰かがこの根本的な原則を否定してしまえば、中共の裏切り者とされる。

 中共中枢に通じた関係筋によると、中共18回大会を3年後に控え、国務委員で国防相を務める梁光烈氏が、命にかかわる政治的冒険に勝負を賭けたことにより、中共の内部闘争はさらに白熱化するものと見られる。

(記者・呉偉林、翻訳編集・小林)


 (09/12/07 08:07)  





■関連文章
  • <新型インフル>中共人民解放軍で、51例の集団感染(09/12/06)
  • 引退した曾慶紅、古希の祝いの場で胡錦涛を非難(09/11/25)
  • 胡錦涛の反撃:薄煕来のマフィア取り締まり、上海組に飛び火(09/11/10)
  • 解放軍指導部前、元軍人らが集団請願 激増する軍関係者の群衆事件=北京(09/10/29)
  • オバマ大統領、中国へのミサイル技術の輸出規制緩和(09/10/19)
  • 中共軍部、四大戦略区の設立を急ぐ(09/08/05)
  • 乳児14人が結石 粉ミルクが原因か=中国甘粛省(08/09/12)
  • トーチリレー直前、ラサ市に軍人1万2千人進駐=チベット(08/06/15)
  • 中国:四大軍区の総力挙げ、五輪安全確保の任務(08/05/05)
  • 正規の卒業証書めぐり、学生8千人が抗議=中国安徽省(07/12/06)
  • 中国解放軍、印・中国境インド歩哨所破壊(07/12/03)
  • 十七大前、軍部から江沢民勢力一掃(07/09/18)
  • 中国の携帯会社、軍創設80年記念で戦争映像の配信開始(07/08/02)
  • 中国軍幹部に若手登用、胡主席の布陣か=専門家(07/07/07)
  • 清朝:黄檗禅師の預言(その2)(07/07/05)