THE EPOCH TIMES

【私の一枚】春の雨にうたれるシャクナゲしっぽりと

2012年05月05日 07時00分
 【大紀元日本5月5日】花が咲き始めたシャクナゲですが、月曜日に雨に降られてしっぽりとしています。前日の日曜は晴天だったので、あの時、写真を撮っておけばよかったんでしょうか。

 ところで、春の雨を穀雨(こくう)、穀物の成長を助ける雨というそうですね。

 大体4月の7日ごろの清明(万物がすがすがしく明るく美しいころ)から、4月20日ごろが穀雨(田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降るころ)で、5月の7日ごろの立夏(夏の気配が感じられるころ)までのようです。

 やはり春は「生命のいぶき」を感じるときですね。

 (撮影=バンクーバー・はのち 2012年4月30日)


関連キーワード
^