当局「中国の粉ミルクは輸入品より上質」ネットであざけられる

2013年05月03日 11時25分
【大紀元日本5月3日】中国国内報道によると、香港の粉ミルクメーカーと薬局経営企業は香港当局に、中国本土に対する輸出規制を廃止するよう求めたという。

 香港当局は、中国本土へ乳児用粉ミルクが大量に密輸されるため香港区内分が不足するという問題を受けて、3月はじめに「一人当たり2缶まで」との量規制の法規を設けていた。違法者は最高で罰金50万香港ドル(約630万円)、2年の禁固刑に処される。

 制度施行後、3日間で25人が逮捕され、115缶が押収された。香港の粉ミルク小売業者は、禁固刑と高額な罰則という厳しい法規制により、売上高が9割減少したと嘆いている。しかし、香港食物環境衛生署(FEHD)は少なくとも6ケ月は規制を解かないという。

 中国本土では2008年、工業原料のメラミンに汚染された粉ミルクが市場に出回り、飲用した乳児6人が死亡、5万人以上にぼうこう結石と腎不全の被害が出た。「毒粉ミルク事件」は大きな社会問題となり、国内外で中国製食品の信用が崩壊した。

 このため中国当局は、信用を回復させようと宣伝に力を入れている。中国乳製品工業協会は国営新華社通信を通じて、中国製粉ミルクは輸入品より上質であること、価格は半額であることをアピールした。

 この発表をあざけるコメントが、中国インターネットで次々に起こっている。「誰もが中国の粉ミルクの質と輸入粉ミルクの質の違いを知っている。この発表で、共産党がいかに西側諸国のニュースを防ぎたいのかがわかる」「これほど馬鹿馬鹿しい当局の発表を信じる馬鹿などいない」「私があかちゃんを育てているとして、本土で作られた粉ミルクを1トンもらったとしても全部捨てる」「密輸には反対だけど、赤ちゃんを心配するママたちを同情する」

 (翻訳編集・佐渡 道世)
関連キーワード

関連特集

^