THE EPOCH TIMES

米韓合同軍事演習の計画、3月中に発表へ=韓国国防相

2018年02月20日 17時59分

[ソウル 20日 ロイター] - 韓国の宋永武国防相は20日、米韓が合同軍事演習の計画を4月になる前に発表すると述べた。定例の軍事演習は平昌冬季五輪・パラリンピックの開催期間中、延期されている。

国防相は、合同軍事演習の実施時期について国会で質問され、平昌パラリンピックが3月18日に閉幕した後、4月に入る前に自身とマティス米国防長官が発表すると述べた。

「演習はオリンピック精神に基づいて延期された」と説明し、「パラリンピック後までこの精神を支持することで合意した。その後のわれわれの行動については、発表するまで確認も否定もしない」と述べた。

北朝鮮は合同演習延期の決定後に南北対話に同意し、平昌冬季五輪にも選手団を派遣している。

宋国防相はまた南北対話の実現について、合同演習延期の直接的な結果ではないとも述べた。

北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は2月初旬に国連に宛てた書簡で、米韓が冬季五輪後に軍事演習を実施すれば、北朝鮮は「静観」しないと威嚇した。

米韓は通常、合同軍事演習「キー・リゾルブ」と「フォール・イーグル」を3月と4月に行う。米軍からは最大1万7000人、韓国からは30万人超が参加する可能性がある。

韓国の趙明均統一相は20日、米韓合同軍事演習について「実施する方向で協議が進んでいる」と述べたが、実施の時期については明らかにしなかった。

*内容を追加しました。

^