THE EPOCH TIMES

米、イラン産原油輸入停止を各国に要請 例外認めず=国務省高官

2018年06月27日 10時14分

[ワシントン 26日 ロイター] - 米国務省の高官は26日、米政府が同盟国などに対し、イラン産原油の輸入を11月からすべて停止するよう伝えたと明らかにした。また、例外的に適用免除を認める可能性は低いとした。高官は匿名を条件に記者団に語った。

米国が中国やインドを含めた各国に対し、11月までにイランからの原油の輸入を「ゼロ」とするよう働き掛けているかと問われると、「そうだ」と回答。「イランへの資金の流れを断絶して、中東におけるイランの悪質な行動全体を浮き彫りにする方策を検討している」と述べた。

また、輸入停止の例外は認められるかとの質問には、トランプ政権は例外を認めない立場を取っていると述べた。

トランプ米大統領は5月、イランと欧米など6カ国が2015年に締結した核合意から離脱し、対イラン経済制裁を再開すると表明。一部の制裁は11月4日までの猶予期間を経て発動される。

先の高官は、米国の代表団が来週中東に向かい、イラン産原油の供給が遮断された後も世界への原油供給を確保するようペルシャ湾岸の産油国に要請すると明らかにした。

イラン産原油の主要な輸入国である中国、インドのほか、トルコやイラクとの当局者協議はまだ行っていないもよう。

原油アナリストは、石油輸出国機構(OPEC)加盟国がイラン産原油の供給が遮断される分を補う原油を十分供給できないとの懸念があると指摘する。

高官の発言を受け、26日の取引で米原油先物<CLc1>は前日比2ドル超上昇。5月25日以来、約1カ月ぶりに1バレル=70ドル台に乗せた。

*内容を追加しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^