ポーランド大統領、「中国は今変革の最中」

2006年02月12日 11時57分
 【大紀元日本2月12日】米ブッシュ大統領と2月9日にホワイトハウスで会談をしたポーランドのレフ・カチンスキ大統領は、会談後の共同記者会見で、「中国は今変革の最中にある」との見解を示した。

 カチンスキ大統領は、昨年12月に大統領に就任し、米国を訪問したのは今回初めて。ブッシュ大統領との会談を終えた後の共同記者会見で、大紀元時報の記者が、「九評共産党」発表後、中国で8百万人近くの国民が中共離脱声明を出したことに関して、カチンスキ大統領の見解を伺ったところ、同大統領は、ポーランドでも共産政権が崩壊する前に、同じく脱党運動が繰り広げられたと説明した上で、「中国は今変革の最中にある。経済制度はすでに共産主義ではなくなり、必ず政治改革に影響を与える」との見解を示した。また、同大統領は、ポーランドは中国と友好関係を結んでいるが、中国の民主化を支持すると強調した。

(記者・イピン)
関連キーワード
^