印刷版   

6月23日、イタリア内務省は、選管当局に開票作業中はW杯のテレビ観戦をしないよう通達した。写真は米国戦を観戦するイタリアのサポーター。17日撮影(2006年 ロイター/Fabrizio Bensch)

イタリア選管当局、開票作業中は「W杯観戦」おあずけ

 サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会で決勝トーナメントに駒を進めたイタリアだが、地元ではトーナメント初戦のテレビ観戦が許されない人たちがいる。

 イタリア内務省は23日、トーナメント初戦と同日に国民投票の集計を行う選挙管理当局に対し、作業に遅れが生じないよう、サッカーのテレビ観戦を見合わせるよう通達を出した。

 投票は現地時間26日午後3時(日本時間午後10時)に締め切られるが、その2時間後にはトーナメント初戦のイタリア─オーストラリア戦が始まる。

 [ロイター23日=ローマ]

 (06/06/25 21:26)  





■関連文章
  • イタリア:ベルルスコーニ首相、正式に辞任(06/05/04)
  • イタリア首相:毛沢東時代、中国で子供を茹でていた(06/04/03)
  • 伊首相、赤ん坊を茹でる発言の撤回を拒否(06/04/02)
  • イタリア、野生白鳥よりH5N1ウイルスを検出、EU初症例(06/02/13)
  • 欧州憲法否決・EU前途多難(05/05/31)