米国「法輪功保護法案」全文 邦訳

25日、米下院で「法輪功保護法案」(Falun Gong Protection Act)が可決した。良心の囚人らから強制的に臓器を摘出する、中国共産党による組織犯罪「臓器狩り」に関与したものに制裁を科すことを定めた、米国で初となる法案となる。制裁には資産凍結、米国入国禁止、経済的制裁、刑事罰などがある。法案の全文は次のとおり。
2024/06/29 佐渡道世

医師が語る中国共産党の臓器収奪犯罪 = ブルガリア メディア独占インタビュー

臓器収奪は、被害者は臓器が摘出される直前か摘出されることで殺されます。同意はありません。殺害の目的が臓器摘出です。強制的な臓器摘出が産業規模に達するためには、国家がそれを容認し、調査を妨げる必要があります。

「中国では10分で臓器手配」豪で臓器取引防止に向けた法改正へ

豪上院委員会では、中国における強制臓器収奪問題に関する新たな法案の審議が行われている。同法案は、豪州に入国する者に対し、海外での臓器移植に関する質問への回答を義務付けるものだ。中国共産党による臓器収奪の実態について新たな証拠が明るみに出る中、豪政治家間でもこの問題への関心が高まっている。
2024/04/03 Alfred Bui

「中国臓器狩りに光を当てた」医療倫理団体がノーベル平和賞候補にノミネート

中国共産党による無実の人々への臓器狩りに光を当て、人権を守るために闘ってきたとして、英上院議員のフィリップ・ハント卿は、「強制臓器収奪に反対する医師団(DAFOH)」をノーベル平和賞候補にノミネートした。
2024/02/04 Eva Fu

<全文>欧州議会で法輪功迫害非難決議が採択 「臓器収奪の報告、頻繁に届く」

欧州議会で18日、中国共産党による法輪功や他の少数派に対する迫害を非難し停止を求める決議が採択された。こうした迫害と組織的な無実の囚人からの臓器収奪は「頻繁に」報告されているとし、加担者に対して制裁を科すようEU加盟国に求めた。
2024/01/19 佐渡道世

中国共産党主導の臓器強奪を暴くドキュメンタリー、1月に公開へ

中国共産党主導の臓器略奪を暴くドキュメンタリー『State Organs(仮邦訳:国家による臓器狩り』が、1月に米カリフォルニア州の劇場で、2月には日本でも視聴可能なソーシャルメディアプラットフォーム「GanJingワールド(乾淨世界)」で公開される。

我が子を探す親の前に「人の壁」 なぜ監視大国・中国で、失踪者が見つからないのか

1月6日、福建省のある町の広場で、マスク姿の男たち10数人が、失踪した我が子を探す親の前に立ちはだかり、市民との接触を遮った。
2024/01/09 李凌, 鳥飼聡

陳情民が拘束中に不審死 「臓器を抜き取られたか?」とネットで噂に=中国 福建

福建省福州市の陳情民の葉鐘氏が、公安による拘束中に死亡した。そのことについて「葉氏の臓器は、全て抜き取られた」とする噂が拡散され、物議を醸している。
2023/11/13 李凌, 鳥飼聡

Xの白い炎、粉川江里子画伯インタビュー

粉川さんといえば、X(旧ツイッター)で理不尽な世界に立ち向かう気迫のツイートで人気だ。組織に組みせず、正義を貫く孤高の美人と言っても言い過ぎではない。気難しい芸術家としての女史を想像していただけに、実際にお会いしてみると、とてもチャーミングで、素敵な笑顔と緊張を和らげてくれる自然な立ち振る舞いに、心地よさを覚えた。
2023/11/03 平山ルーク

中学生が「学校で原因不明の死」 真相は明らかにされず、校門前で泣く遺族=中国 河北

10月22日、河北省張家口市の中学校で生徒が死亡する事件が起きた。学校側は「首つり自殺」と発表。しかし遺体写真には、体じゅうに傷が確認できる。
2023/11/01 李凌, 鳥飼聡

治療より金儲けが優先 「悪魔医者」まで登場する中国医療界の腐敗ぶり

中国医療界の腐敗は根強く、病院から個々の医師まで、収賄が慣習化している。「悪魔医者」と呼ばれる医師もいる一方、暴露されるのは「氷山の一角」に過ぎない。
2023/08/04 李凌, 鳥飼聡

政権批判の歌「削除しなければ逮捕する」 海外在住の華人シンガーに迫る、中国海外警察の魔手

海外在住の華人シンガーソングライターが最近、中国の現政権を批判する歌「七級浮屠」を発表。中国海外警察が「削除しなければ逮捕する」と脅迫している。
2023/07/18 李凌, 鳥飼聡

「我が子はどこへ?」失踪した子供を探す親たち 街頭で警察に強制排除される=中国 福建

福建省福州市で11日、失踪した子供を探す親たちが街頭活動をしていたところ、警察によって強制排除された。「子供の失踪」は中国全土で多発している。
2023/07/16 李凌, 鳥飼聡

大学院生が校内で「原因不明の死」 学校は安定維持ばかり、遺族は泣き寝入り=中国 雲南

今月25日、雲南省の大学内で大学院生が亡くなった。死因は「不明」。遺族に対し、学校からの説明は一切ない。ネット上では「臓器収奪」の疑いも。
2023/06/30 李凌, 鳥飼聡

中国で相次ぐ「学生の不可解な死」 自殺と決めつける学校、門前で号泣する遺族

中国の大学や高校で相次ぐ、学生の「不可解な死亡事件」。学校側は、学生の「自殺」とするばかりで、真相解明を求める遺族に応えようとしない。
2023/06/14 李凌, 鳥飼聡

保護者に通知せず、学校が生徒の血液検査を実施 「臓器移植」との関連性疑う声も=中国

このほど、中国の一部の学校で、保護者に事前の通知もなく、無断で生徒に血液検査を行っていたことが、それを指摘するSNS投稿で明らかになった。
2023/05/15 李凌, 鳥飼聡

中国で続出する「忽然と消える人」 年間100万人の失踪者が、監視大国でなぜ見つからない?

ある日突然、理由もなく人が消える。近年、中国のSNS上には失踪した人に関する情報の提供を呼びかける通知があふれている。「中国は防犯カメラで埋め尽くされた監視大国。それなのに、なぜ我が子は見つからないのか?」
2023/05/01 李凌, 鳥飼聡