テニス=DFSクラシック、シャラポワが準決勝へ

2006年06月17日 17時48分
 女子テニスのDFSクラシックは16日、シングルス準々決勝を行い、第1シードのマリア・シャラポワ(ロシア)が第12シードのマラ・サンタンジェロ(イタリア)に6―2、6―2で快勝し、準決勝進出を決めた。

 当時17歳だった2年前のウィンブルドンを制したシャラポワは、前哨大会となるグラスコートの今大会3連覇を狙う。

 第2シードのフランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)、第4シードのエレナ・リホフツェワ(ロシア)、第6シードのマリオン・バルトリ(フランス)らシード勢が全員姿を消す波乱があった。

 (ロイター16日=ロンドン)

関連キーワード
^