印刷版   

8月22日、米パラマウント・ピクチャーズが、トム・クルーズとの提携関係を解消していたことが明らかになった。写真は6月、映画「M:i:III」のジャパンプレミアに出席したクルーズ(2006年 ロイター/Kiyoshi Ota )

パラマウント・ピクチャーズ、トム・クルーズとの連携解消

 米大手スタジオ、パラマウント・ピクチャーズが、ハリウッドの大物俳優トム・クルーズさん率いる制作会社との14年間続いた提携関係を解消していたことがわかった。クルーズさんのプライベートでの振舞いが理由だという。パラマウント・ピクチャーの母体企業バイアコムの会長が、ウォールストリート・ジャーナル紙に対して明らかにした。

 米メディア大手企業であるバイアコムの会長が行ったこの発表で、クルーズさんは最も大きな制作上の取引先を失うこととなった。

 同紙のインタビューについて、クルーズさん側からのコメントはまだ取れていない。バイアコムとパラマウントからのコメントもまだ出ていない。

 クルーズさんは最近、米フォーブス誌が発表した「パワーセレブ」のトップ100ランキングで1位に輝いている。しかし今年5月に全米公開された最新映画「M:i:III」では予想を下回る興行成績となった。

 その後、発表されたUSAトゥデイ紙がギャロップと行った世論調査では、半数がクルーズさんに対して「好ましくない」意見を持っていた。その多くが、クルーズさんのサイエントロジー信仰や、女優ブルック・シールズさんに対する産後うつ症にまつわる非難など、この数年間におけるクルーズさんのプライベートでの振る舞いを挙げており、世の中では、クルーズさんのスターとしてのパワーが大幅に光を失ってきていることを示す結果が出ていた。


[ロイター22日=ロサンゼルス]

 (06/08/23 15:39)  





■関連文章
  • トム・クルーズの赤ちゃん、もうすぐ初公開か(06/08/10)
  • トム・クルーズ、国土交通省を表敬訪問(06/06/21)
  • トム・クルーズ、新幹線貸し切りファンサービスへ(06/06/18)
  • トム・クルーズ、パワーセレブ・ランキング1位に(06/06/16)