印刷版   

中国は景気抑制に向けた手綱を緩めるべきではない=政府系シンクタンク

 中国政府系シンクタンクである国家情報センターは、6日付の中国証券報に掲載されたリポートの中で、中国は景気抑制に向けた手綱を緩めるべきではないとの考えを示し、今後の引き締め策としては過剰生産能力やエネルギー効率の悪さなどへの対策に焦点を当てるべきである、と指摘した。

 リポートは「全般的な経済活動を抑制しようとするこれまでの政府の努力はやや成功しているが、依然として経済がかなり速いペースで拡大しているため、努力を緩めるわけにはいかない」とした上で、一部セクターにおける過剰生産能力や非効率なエネルギー消費、環境破壊などの問題が引き続き深刻化しており、今後の対策の焦点となるだろう、と述べている。

 [ロイター6日=北京]

 (06/09/06 17:06)  





■関連文章
  • ロシア環境監督当局、「サハリン2」の停止求め提訴(06/09/06)
  • 中国銀監会委員長、エネルギーや鉄鋼産業などを金融のリスクとして警告(06/08/14)
  • 原油高の米経済への影響は現時点で限定的=エネルギー長官(06/08/03)
  • エネルギー関連デリバティブ、規制強化不要=米FRB議長(06/07/28)
  • 中共:ロシアのエネルギー、市場獲得作戦(06/06/27)
  • シノペックがロシア企業買収、中国初のロシア油田権益(06/06/21)
  • 中共・温家宝首相、アフリカ歴訪、資源外交を開始(06/06/19)
  • [焦点]G8で原油高と世界的不均衡問題を協議、G7特別声明を再確認(06/06/12)
  • G8、エネルギーで市場重視アプローチに向け合意近づく=当局者(06/06/10)
  • G8、エネルギー供給が主要議題となる見通しに(06/06/07)
  • 「中央アジア+日本」外相会合、中露けん制への関係強化(06/06/06)
  • 中国には閣僚級のエネルギー省が必要=政府系シンクタンク(06/06/02)
  • 中国の貧困人口、1億人強(06/05/22)
  • 今年も「クール・ビズ」、小池環境相デザイン「風呂敷」でアピール(06/05/21)
  • 第5回東シナ海ガス田協議、見解の相違、協議に至らず(06/05/20)