印刷版   


ヒズボラ、イスラエルと捕虜交換で協議中=ナスララ師

 イスラム教シーア派民兵組織ヒズボラの指導者ナスララ師は31日、国連指名の仲介者を通して、イスラエルとの間で捕虜交換交渉が始まっていることを明らかにした。

 ナスララ師はヒズボラのテレビで「全関当事者に対し、現在真剣な交渉が続けられていることを確認する。国連事務総長指名の仲介者がこの任務にあたっており、ヒズボラおよびイスラエルの指導者と協議している」と語った。

 [ベイルート 31日 ロイター]

 (06/11/01 14:47)  





■関連文章
  • イラク、多国籍軍の駐留延長を国連安保理に要請へ(06/10/31)
  • 次期国連事務総長の韓国外交通商相、北朝鮮核問題で27日に訪中(06/10/23)
  • 中国、北朝鮮への制裁を「故意に」拡大させないよう警告(06/10/20)
  • ニュージーランド、再び国連難民の法輪功学習者を受け入れ(06/10/18)
  • 安保理非常任理事国、中南米枠決まらず24時間の検討期間入り(06/10/18)
  • 次期国連事務総長、北朝鮮担当特使を指名の方針=英紙(06/10/17)
  • 北朝鮮の6カ国協議復帰、制裁終わらせるには不十分=駐日米大使(06/10/16)
  • 西側による制裁の脅し、「心理戦」の一種=イラン外務省(06/10/16)
  • 北朝鮮制裁決議の貨物検査、大半は陸上で対処可=米国連大使(06/10/16)
  • 再送:ベイルートの国連本部付近でロケット弾攻撃、4人が軽傷(06/10/16)
  • 北朝鮮、国連制裁決議を拒否(06/10/16)
  • 北朝鮮への国連制裁決議案をめぐる中国当局の策略(06/10/14)
  • 国連の北朝鮮制裁決議案、採択は14日の可能性(06/10/13)
  • 米国、13日までに北朝鮮制裁めぐる国連安保理での採決模索(06/10/13)
  • 中国臓器狩り:世界各国の反応、中国当局の矛盾する反論(06/10/12)