台北市内の現風景「新旧が混在する町並み」

2006年12月09日 19時44分
【大紀元日本12月9日】2006年も押し詰まった師走の台湾・台北市内では、12月7日の台北市議・高雄市議選に向けて目抜き通りなどでは、選挙戦で候補者の幟などがカラフルにはためき、TVなどでは国民党党首「馬英九」氏の奮闘ぶりが連日のように伝えられていた。市内には南北に「淡水線」、東西に「土城線」などの都市交通システム(MRT)が現代的に完備されスマートに走り、モータリゼーションにも目を見張るほどの活発さがあるが、重慶南路近くなど中心街のあちこちには、旧日本総督府の建築物が今も保存され活用されている「昔懐かしい」原風景も残されている。

 庶民の消費生活は旺盛で、「日式吉野家」など牛丼一杯が100元する割高な店から、「龍山寺」などの格安のマーケットまで、新旧が混在する多様な町並みだ。龍山寺では日本の「100円ショップ」に相当する「10元ショップ」があり、丁度日本の庶民感覚で言うと10元が100円に、100元が1000円に相当するであろうか、龍山寺の商人は商魂たくましく往来の人に声を掛けていた。龍山寺に限らず、市内の屋台で食事をすると、「炒麺」「米麺(ビーフン)」などは20-30元、しかし少量なのでさらに二品つけても50元、これに豪華な牛肉スープ50元をつけても100元(400円)を出せば、楽に一食間に合うのが庶民の外食相場だ。
現台湾総統府(旧日本台湾総督府)


総統府裏門での衛兵交代式(12月4日早朝、総統府にて)


現台湾大医院(旧台湾医院)入り口、朝から来院する多くの台北市民(12月4日朝、中山南路付近)


現台湾銀行(旧台湾銀行)


市議選も大詰め、目抜き通りに立ち並ぶカラフルな幟(12月4日昼:中華路一段付近)


市内屋台の外食料金表、これが一般的な「庶民相場」だ(12月4日夕:重慶北路裏)


「椰子の実」ジュースを売る屋台(12月4日夜:龍山寺)


市内228公園付近のセブンイレブン店内。「日式」なのだろうか、整然として日本国内と同様の配列だ。


早朝から法輪功に励む台北市民(12月4日早朝、228公園にて)



関連キーワード
^