印刷版   

12月26日、台湾南部で大規模な地震が発生。写真は、台湾の中央気象局で震動図を手にする気象予報士(2006 ロイター/Jameson Wu)

台湾南部で大規模地震、香港や中国南部でも揺れ観測

 台湾南部で26日1226GMT(日本時間午後9時26分)ごろ大規模な地震が発生した。震源地は、台湾第ニの都市高雄の南南東90キロの海底。
 
 この地震で、建物倒壊などの被害が一部ででているもよう。香港や中国南部でも揺れが観測された。
 
 米地質調査所(USGS)は地震をマグニチュード7.1としている。一方、台湾の中央気象局によると、地震は2回発生、最初はマグニチュード6.7、2度目はマグニチュード6.4の規模としている。
 
 日本の気象庁は最大1メートルの津波がフィリピンを襲う可能性に注意を促したが、津波は観測されなかった。

[台北 26日 ロイター]

 (06/12/27 08:10)  





■関連文章
  • 台北市内の現風景「新旧が混在する町並み」(06/12/09)
  • 長江三峡ダム放水で有毒性赤潮形成の懸念、台湾海峡に影響=海洋地質専門家(06/12/09)
  • バチカン:中共との国交修復を試み、台湾との外交は継続(06/12/07)
  • 台湾:法輪大法交流会、7千人参加(06/12/05)
  • 台湾、亡命した中国山西省行政幹部受け入れを表明(06/12/01)
  • 中国の軍事増強に警告=米中経済安全保障委員会議会報告(06/11/30)
  • インドネシア・モルッカ諸島でマグニチュード6.1の地震(06/11/29)
  • 台湾立法院、陳総統の罷免案を否決(06/11/24)
  • 千島列島地震、サハリン島に影響なし=ロシア非常事態省(06/11/16)
  • 台湾の本土との再統一は果たすべき義務=胡錦濤・中国国家主席(06/11/13)
  • 台湾蘇貞昌行政院長:台湾は核武装しない(06/11/13)
  • 台湾:報道自由度は日米を上回る一方、報道信頼度はアジア環太平洋で最下位(06/11/10)
  • 台湾立法院小委員会、台湾の銀行による中国本土での支店開設を承認(06/11/10)
  • 中国政府高官亡命事件:賈甲氏「台湾人は中国共産党に騙されている」(06/11/07)
  • 中国湖北省で群発地震、三峡ダム巨大貯水量が地質に影響か(06/11/07)