印刷版   

年次報告書を発表する人権保護団体・アムネスティ・インターナショナル (SHAUN CURRY/AFP/Getty Images)

アムネスティ・インターナショナル、09年度報告書発表

 【大紀元日本5月28日】人権団体アムネスティ・インターナショナルは5月27日、ロンドンで09年度の年次報告書を発表した。
 それによると、スリランカやパキスタンなど、アジア地区で人権侵害行為が増加した。世界規模の景気低迷も影響し、中国では数百万人の出稼ぎ労働者が職を失い、明日の見えない生活を送っているという。

(翻訳編集・西村)

 (09/05/28 07:19)  





■関連文章
  • 国際社会による救援、卜東偉氏が娘と共に米国到着(08/12/09)
  • 国連・中国拷問問題報告書に、中国当局が抗議(08/12/08)
  • 米年次報告書:中国当局、対外スパイ活動を強化(08/11/23)
  • イスラエル・テロ被害者ら、中国銀行を提訴(08/08/25)
  • カナダ人権弁護士、中国当局の臓器狩り実態を語る=メルボルン(08/08/10)
  • 北京、海外報道関係者を制御開始=仏メディア(08/08/02)
  • IOCが中国当局に妥協=ネット封鎖解除ならず(08/08/01)
  • 人権団体・議員らが人権改善呼びかけ、10万人署名を中国大使館に提出=フランス(08/07/17)
  • グローバル人権聖火リレー、米フロリダ州入り(08/05/15)
  • オリンピック開催前、中国当局による法輪功迫害を非難=カナダ(08/05/12)
  • 米上院報告書:中国のソフト・パワーを分析、限定的な影響力(08/05/09)
  • ビルマ:今なお逮捕者が続出=アムネスティ・インターナショナル(08/01/26)
  • 英誌「エコノミスト」、北京五輪と中国人権問題シンポジウム開く(07/12/07)
  • 「国境なき記者団」報告書、中国のネットワーク制御の内部情報明かす(07/11/08)
  • ドキュメンタリー 「チベット難民世代を超えた闘い」 上映会 (07/11/05)