印刷版   

水草の中を泳ぐ淡水魚ピラニア( Oli Scarff/Getty Images)

1千種以上の淡水魚、絶滅の危機に=IUCN発表

 【大紀元日本11月6日】

 スイス・グランに本部を置く国際自然保護連合(International Union for the Conservation of Nature、IUCN)は3日、絶滅のおそれのある野生動物をリストアップした「レッドリスト」を発表し、1千種以上の淡水魚が絶滅の危機に瀕していると報告した。同リストは、環境汚染や水不足により、水質が低下していることを要因として挙げている。

 同リストによると、今年調査した淡水魚3千120種のうち、3分の1にあたる1千147種が絶滅の危機に瀕している。また、同リストには他にも1千360種のトンボが追加され、全1千989種のうち、261種が消えつつあるとしている。「トンボは淡水の生態系に敏感なため、淡水の状況を知る上で重要な指標となる」とIUCN副代表のジャン・クリストフ・ヴィー(Jean-Christophe Vie)氏は話している。

 IUCNは今年、調査対象の野生生物4万7千677種のうち、約3分の1である1万7千291種が絶滅の危機にあると発表。4万4千838種のうち、1万6千928種が絶滅寸前と報告された昨年と同じ割合となった。しかし、このリストはすべての種をカバーしているわけではなく、データは「氷山の一角にすぎない」とIUCNのマネージャー、クレイグ・ヒルトン・テイラー(Craig Hilton-Taylor)氏は話している。

 
(翻訳編集・坂本)


 (09/11/06 05:00)  





■関連文章
  • トラ生息数激減 保護目指す国際会議=ネパール(09/11/03)
  • 揚子江の女神、ヨウスコウカワイルカの絶滅(09/09/21)
  • 1億5千年前のイカの化石から墨袋 =英国(09/08/24)
  • 軍人7万人がチベットに進駐、専門家は中共を非難(09/03/19)
  • 汚水垂れ流し、海洋生物が絶滅の危機=中国広東省(08/09/08)
  • 世界8分の1の鳥類 絶滅の危機に直面(08/05/21)
  • カナダ・ホッキョクグマ絶滅の危機に直面(08/04/22)
  • 中国湖北省:ダム下流で絶滅危惧種植物が発見される(08/03/01)
  • 全世界サンゴ礁、2050年には絶滅か(08/02/10)
  • インド、絶滅危機のトラの保護に160億円投じる(08/02/01)
  • 地球温暖化 数百年内に生物の半数絶滅の恐れ(07/10/26)
  • 中国長江の淡水イルカ、絶滅か?(07/08/10)
  • 乱獲のため冬虫夏草が絶滅寸前(07/07/30)
  • ローマの動物園、指先大の子ガメが誕生(07/05/25)
  • 絶滅危惧種のアムールヒョウ、ハンターに撃たれ死亡(07/04/24)